TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>HPE Operations Orchestration

HPE Operations Orchestration

HPE Operations Orchestrationは、運用担当者のオペレーションを自動化する製品です。8,000を超えるテンプレートと使いやすいGUIで容易に自動化フローを作成することができます。

HPE Operations Orchestrationとは

定型的な運用オペレーションを自動化する、ランブック自動化(RBA)ツール


忙しい運用担当者の負のスパイラル

多忙を極める運用担当者が負のスパイラルを断ち切り、運用改善へとつなげていくためには、業務の自動化による負荷軽減が必要です。

HPE Operations Orchestration(以下、HPOO)は、仮想OS作成、障害復旧、インシデント管理など、運用担当者やオペレータ、ヘルプデスク担当者の業務の一部を自動化することができる製品です。定型的な業務を自動化し作業時間を短縮することで、より戦略的な業務により多くの時間を使うことができます。


Operations Orchestration (HPOO)によって自動化できる業務

運用自動化による期待効果

HPOOを使用することで、生産性の向上、属人性の排除、コンプライアンス強化が期待できます。

生産性の向上

・定型的な確認作業工数削減
・外部委託している夜間確認コストの削減
・インシデント管理等の運用業務の効率化
・障害発生時の対応迅速化

属人性の排除

・特定の個人の経験やスキルに依存しない
 作業品質の安定化
・要員配置の柔軟性向上

コンプライアンス

・作業結果・実施記録の自動保存による
 客観的な証跡の保存

HPOOの特長

HPOOは、すぐに使える、簡単に使えるランブック自動化(RBA)ツールです。

豊富なテンプレート

運用オペレーション自動化ツールの中でも、圧倒的な数のテンプレートを提供しています。「すぐに」「容易に」自動化運用が実現できます。

アプリケーション、ネットワーク、サーバ OS などへの典型的なタスクを予めテンプレートとしてご用意してます。左側のテンプレート選択画面からドラッグ&ドロップし、設定、タスク間の関係、データの整形などを定義できます。

使いやすいGUI

コンプライアンス

作業結果・実施記録が自動保存され、実行者、所要時間(1/1000秒単位)、結果詳細を把握することができます。さらに、フロー実行結果の統計をレポート化したり、フロー毎のROI値を算出することも可能です。

導入から運用後まで、アシストがトータル支援

支援サービス

HPEOOを利用したオペレーションフロー設計/導入/活用まで、アシスト独自の万全なサポートメニューでお応えします。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る