TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>Operations Orchestration>製品情報

Operations Orchestration

Operations Orchestrationは、運用担当者のオペレーションを自動化する製品です。8,000を超えるテンプレートと使いやすいGUIで容易に自動化フローを作成することができます。

機能

Operations Orchestrationは、フロー実行環境「Operations Orchestration-Central」とフロー作成環境「Operations Orchestration-Studio」の2つのモジュールで構成されています。

Operations Orchestration-Central

フローの実行、各種の実行の監視、レポートの生成などに使用します。Web ベースのUI と一連のAPI があり、管理者、エンドユーザー、インテグレーターがこれらにアクセスできます。

Operations Orchestration-Studio

GUIでの直感的な操作で、簡単かつスピーディーにフローの設計、デバッグ、パッケージ化ができます。また、ソースコントロール管理ソフトウェアへの統合や、プロジェクトの分割、マルチオーサリングなど、コード機能による自動化が提供されています。

デモンストレーション動画

大量のADアカウント作成自動化フローの作り方

この動画では、ADアカウント作成に関する課題「膨大な作業時間、作業人員の確保、転記ミスによる工数の増大」を想定し、 ADアカウント作成時間の比較 を通して、課題解決の方法をご紹介します。
※本動画は、音声ありでご視聴ください。



スピード重視の障害対応業務自動化フローの作り方

この動画では、 障害対応業務 に関する課題「膨大な作業工数、業務属人化、頻発する人的ミス」を想定し、Operations Orchestrationを適用することによる課題解決の方法をご紹介します。
※本動画は、音声ありでご視聴ください。


システム要件

システム構成

Operations Orchestrationの実行環境であるOperations Orchestration-Centralとデータベースをマネージャサーバに導入します。管理者はOperations Orchestration-Studioを使って作成し、オペレータ、エンドユーザはWebブラウザ経由でアクセスします。また、作成権限を保持したSEもOperations Orchestration-Studioを使ってフローを作成することができます。

システム構成


対応環境

Operations Orchestration-Central および RAS

カテゴリ 対応
OS
・Microsoft Windows Server 2016 (64ビット)
・Microsoft Windows Server 2012 (64ビット)
・Microsoft Windows Server 2012 R2 (64ビット)
・RedHat Enterprise Linux 6.x(64ビット)
・RedHat Enterprise Linux 7.x(64ビット)
・Oracle Enterprise Linux 6.6(64ビット)
・SUSE Enterprize Linux 12.x
・Ubuntu 14.04.x LTS
Webブラウザ(Central)
・Microsoft Internet Explorer: 10.x、11.x
・Microsoft Edge: 20
・Mozilla FireFox: 32.x 以降、 31.x ESR 以降
・Google Chrome: 40.x 以降
データベース(Central)
・Oracle 11g R2
・Oracle 11g R2 RAC
・Oracle 12c R1
・Oracle 12c R1 RAC
・Oracle 18c
・Oracle MySQL 5.5.x
・Oracle MySQL 5.6.x
・Oracle MySQL 5.7.x
・Microsoft SQL Server 2008 R2
・Microsoft SQL Server 2012
・Microsoft SQL Server 2014
・Microsoft SQL Server 2016
・PostgreSQL 9.3.x
・PostgreSQL 9.4.x
・PostgreSQL 9.5.x
・PostgreSQL 9.6
・PostgreSQL 10

Operations Orchestration-Studio

カテゴリ 対応
OS
・Microsoft Windows 7(64ビット)
・Microsoft Windows 8(64ビット)
・Microsoft Windows 8.1(64ビット)
・Microsoft Windows 10
・Microsoft Windows Server 2012(64ビット)
・Microsoft Windows Server 2012 R2 (64ビット)
・Microsoft Windows Server 2016 (64ビット)

Operations Orchestration-SSX

カテゴリ 対応
OS
・RedHat Enterprise Linux 6.x(64ビット)
・RedHat Enterprise Linux 7.x(64ビット)
・Oracle Enterprise Linux 6.6(64ビット)
・SUSE Enterprize Linux 12.x
・Ubuntu 14.04.x LTS
Webブラウザ(SSX)
・Microsoft Internet Explorer: 11.x以降
・Microsoft Edge: 20
・Mozilla FireFox: 53.x以降
・Google Chrome: 53.x 以降
データベース(SSX)
・Oracle 11g R2
・Oracle 11g R2 RAC
・Oracle 12c R1
・Oracle 12c R1 RAC
・Oracle 18c
・Microsoft SQL Server 2008 R2
・Microsoft SQL Server 2012
・Microsoft SQL Server 2014
・Microsoft SQL Server 2016
・PostgreSQL 9.3.x
・PostgreSQL 9.4.x
・PostgreSQL 9.5.x
・PostgreSQL 9.6
・PostgreSQL 10

ハードウェア要件

モジュール名 要件
Operations Orchestration-Central
・CPU:最低1コア以上 推奨:4コア
 (別にデータベースに2コア以上) 推奨:2コア
・メモリ:最低2GB以上 推奨:4GB
 (別にデータベースに4GB以上)
・ディスク:2GB以上
 (別にデータベースに50GB以上)
Operations Orchestration-Studio
・CPU:1コア以上
・メモリ:最低2GB以上 推奨:4GB
・ディスク:4GB以上
Operations Orchestration-RAS
・CPU:1コア以上
・メモリ:最低2GB以上 推奨:4GB
・ディスク:4GB以上
Operations Orchestration-SSX
・CPU:最小1コア以上 推奨:4コア
 (別にデータベースに2コア以上)
・メモリ:最小2GB以上 推奨:4GB
 (別にデータベースに4GB以上)
・ディスク:最小2GB以上
 (別にデータベースに20GB以上)
  • ディスク容量・メモリ量について、各モジュールやDBを同一マシンに導入する場合は推奨値を合算してください。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る