TOP>製品/サービス>課題から探す>サービスデスク、インシデント管理の情報蓄積/共有

サービスデスク、インシデント管理の情報蓄積/共有

サービスデスク、インシデント管理における課題

問い合わせ、依頼、障害報告の窓口となるサービスデスクは、ITサービスマネジメントにおいて、ユーザと直接の接点であり企業の「顔」といえます。しかし、ユーザの「生の声」を情報として蓄積/共有できていないと、情報活用がうまくいかない負のスパイラルに陥り、「三方悪し」のサービスデスクになってしまいます。

サービスデスク、インシデント管理における課題

情報の蓄積/共有で「三方良し」のサービスデスク、インシデント管理へ

上記の三方悪しの例では、情報が蓄積されず、結果的に共有もされないことで三者それぞれが負のスパイラルに陥っています。情報を蓄積し、共有することで、三者それぞれに大きなメリットがもたらされます。

情報の蓄積/共有で「三方良し」のサービスデスク、インシデント管理へ

ユーザのメリット

ユーザに関する「過去の問合せ状況」「環境情報」「現時点の対応状況」などの情報が蓄積されることにより、ユーザは「自分のこと(環境や過去の問合せ状況)が理解され、放置されることなく対応されている」という安心感が生まれます。それによってサービスに対する満足度も高くなります。

対応担当者のメリット

対応のとっかかりとなるユーザの環境情報が、ユーザに確認することなく把握でき、類似した事例を検索することで無駄のないスムーズな対応ができるようになります。

管理者のメリット

全体の対応状況が横断的に把握できるため、クレームが発生する前に対処したり、月次レベルで状況を分析して改善の一手を打つことが可能になります。

関連製品/サービス

HPE Service Manager

HPE Service Managerは、運用管理のプロセスを体系化し、各プロセスの情報を一元化、共有することで、正確性、効率性、確実性、信頼性のあるITサービスの提供を支援するソフトウェアです。

  • 利用者に負担を掛けないシンプルな操作性
  • 自社に最適な環境に簡単にカスタマイズ
  • 全世界で選ばれるつづける信頼性

詳細へ

HPE Service Anywhere

「問い合わせ件数ゼロ」への挑戦。HP Service Anywhere(HP SAW)はヘルプデスク業務の負担を軽減するサービスデスク、インシデント管理ツールです。SaaSによる提供により低コスト、スピード導入を実現します。

  • ITILベースのプロセス管理をSaaS型でお手軽利用
  • シンプルなGUI、Webインターフェースで操作が簡単
  • 問い合わせ減少に導く高性能なナレッジ機能

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る