よくあるご質問

検討

商談前でもメール以外で気軽に相談できますか?

1社様ごとの60分オンラインセミナーまたは相談会を実施しております。WebFOCUSに関する活用事例のQA、活用促進のヒント、最新情報をはじめ、お客様のお悩み相談と幅広いテーマに対応しております。詳細内容と日程につきましては次の紹介サイトのBI(WebFOCUS)を選択して、各カテゴリ内の[予約する]ボタンからご確認ください。

 

オンライン個別セミナー/ご相談会へ >

グループ会社でも利用できますか?

資本関係が50%を超えれていれば、グループ会社間・関連会社間でのご利用や環境の共有ができます。

 

価格&ライセンスへ >

どのような導入効果がありますか?

データ活用を全社規模で展開できることで業務改善やコスト削減などの効果が期待できます。

 

導入効果へ >

OSは、何をサポートしていますか?

Windows、Linux、UNIXをサポートします。

 

システム要件へ >

導入に必要な製品はありますか?

開発ソースやユーザー情報を保管するリポジトリとユーザーのアクセスログを格納するリポジトリ用のRDBMSが必要です。

教育の受講形態にはどういうものがありますか?

教育コースにはご来社いただく定期開催の集合形式とインターネットを利用した研修テキストとクラウド上の実習環境で学習する自習タイプのリモート型研修をご用意しております。

 

研修へ >

 

受講形態へ >

利用者に求められるITスキルはありますか?

利用者の、特別なITスキルは不要です。管理者、開発者の方は、一般的なWebアプリケーションの開発経験があるとご理解がスムーズです。なお、システムの初期開発時をはじめ、将来の運用やメンテナンスなど、WebFOCUSを効果的に活用していただくための技術支援や研修もご提供しております。


技術支援へ >


研修へ >

サブスクリプション利用はできますか?

次のサブスクリプション契約をご用意しております。


  • WebFOCUS EVO Suite 3年/5年サブスクリプション
  • WebFOCUS EVO 3年/5年サブスクリプション


価格&ライセンスへ >


どのようなデータベースに接続することができますか?

リーレーショナル型データベース、ノンリーレーショナル型データベース、列指向型データベース、ERP、​Salesforceなどのアプリケーションを含めた80種類以上の多様なアクセスを実現するアダプタをご用意しております。


データソースへ >


サポートするデータアダプタについては、以下よりお問い合わせへください。


お問い合わせへ >


体験版はありますか?(トライアルはできますか?)

体験版はご用意しておりませんが、製品評価を目的とした1か月間の無償トライアルが可能です。

弊社のSEがご要件をお聞きした上で、トライアル環境をご用意し、お客様に評価検証を実施していただきます。

ご希望の場合は以下よりお問い合わせください。

 

お問い合わせへ >

 

まずは製品を触って試してみたいという方には、無料の体験セミナー(ハンズオンセミナー)をお勧めします。

東京(市ヶ谷)以外にも、大阪や名古屋など全国の拠点で定期的に実施しております。実機を操作いただきながら、WebFOCUSの開発生産性の高さを実感いただけます。

 

体験セミナーへ >

ハンズオンセミナーはありますか?

製品を触って試してみたいという方には、無料の体験セミナー(ハンズオンセミナー)をお勧めします。

東京(市ヶ谷)以外にも、大阪や名古屋など全国の拠点で定期的に実施しております。

アプリケーションの作成から公開まで、一連の流れを実際に操作し、ご体感いただけます。

 

体験セミナーへ >

手持ちのデータを使ったトライアルはできますか?

製品評価を目的とした1か月間の無償トライアルが可能です。お客様のテストデータを利用して自由にレポートの作成を含めた操作感の確認をしていただけます。

 

また、お客様のテストデータでサンプルアプリケーションを作成する「カスタマイズデモ」サービスも実施しています。導入前に自社データで利用イメージをご確認いただくことで、実業務とのギャップをなくすことができます。

 

無償トライアル、カスタマイズデモをご希望の方は以下よりお問い合わせください。

 

お問い合わせへ >

参考にできる他社の導入事例を教えてください

業種や業態を問わず、幅広いお客様の導入事例をWebサイトで公開しております。 ぜひご覧ください。


ユーザー事例へ >


また、WebFOCUSの導入を具体的に検討いただいている企業様に限りますが、「ユーザー訪問」という形で実際にWebFOCUSを導入している企業を訪問し、現場展開や開発・運用の生の声をお聞きいただくことも可能です。

構築

よく使う検索条件は保存できますか?

いつも使う検索条件を保存/呼び出すことができるので利用者の利便性の向上が図れます。

 

機能概要へ >※「条件保存」をご参照ください。

利用者が簡単に操作、使う事ができますか?

実際の業務に合わせて画面配置を工夫したり、情報取得ルートをデザインするなどして、利用者のデータ活用における「迷い」をできるだけ排除して画面を提供できます。BIを意識させない最適なインターフェースを開発者が設計・作成できるので、利用者のデータ活用における足並みを揃えることができます。

 

機能概要へ >※「選択条件レポート」をご参照ください。

 

普段の業務で使う用語でナビゲーションを実装された事例はコチラ

R.O.U株式会社様の事例へ >

レポートの出力形式は選べますか?

利用者がそのまま利用できる出力フォーマット(HTML、Excel、PDF、PowerPointなど)を選択して出力することができます。

 

機能概要へ >※「各種フォーマット出力」をご参照ください。

タブレットから利用できますか?

デバイスごとの開発は不要で、モバイル対応ができます。

 

機能概要へ >※「モバイル」をご参照ください。

ダッシュボードは利用できますか?

業務の状況を表す様々な情報を社内のシステムやデータベースから集め、分かりやすくレポートや表にまとめてダッシュボードとして表示することがでます。


機能概要へ >


デモサイトへ >


どのような業種・業態で利用されていますか?

WebFOCUSは、企業内外にいるさまざまな立場や役割の人へ意思決定に必要な情報を提供できる「統合BIプラットフォーム」です。 そのため、業種・業態問わず幅広くご利用いただいております。


事例紹介へ >


技術情報はどこで入手できますか?

弊社サポートサイトより、FAQの参照や技術資料のダウンロードが可能です。その他、WebFOCUSに関連する技術情報を発信するためのサイトで開発時のヒントとなるような情報を公開しております。


アシストサポートセンターサイトへ > ※プロダクト・サポート契約を締結いただいているお客様専用サイトになります。


WebFOCUS技術情報サイトへ >

全社員やグループ会社全体での利用はできますか?

グループ会社を含めた企業全体でのご利用にとどまらず、ビジネスパートナーやお客様への情報提供も可能です。


構成例へ >


大規模利用事例(エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社様)へ >

自社開発できますか?

自社開発については、要件や規模、体制によりますので、ご参考として、次の事例をご紹介いたします。


片倉工業株式会社様の事例(帳票数の85%集約削減)へ >


日本特殊陶業株式会社様の事例(約4ケ月間で約50本)へ >


ミツカングループ様の事例(開発コスト1/10に短縮、開発リードタイム1/5に短縮)へ >

DWHは利用できますか?

DWHに限らず、データマートや基幹DBなど、豊富なデータアダプタを保持しておりますので、あらゆるデータソースへのアクセスを可能にします。 なお、WebFOCUSのアーキテクチャとしてDWHはバンドルされていませんが、情報活用を高速化させるソリューションとしてETL製品と高速DB製品を組み合わせたオプションをご用意しております。


データソースへ >


高速検索(オプション)へ >

導入後にどのような支援が受けられますか?

実施フェーズに合わせて、製品の導入に関する技術的な支援サービス、担当者育成にご利用いただく研修など、さまざまな支援サービスをご用意しております。また、それぞれの支援サービスは一部を切り出したり、組み合わせたりといったカスタマイズも可能です。お気軽にご相談ください。

 

サポート&サービスへ >

研修コースはありますか?

WebFOCUSのアプリケーション開発に必要な基礎知識や、運用操作を実習形式で学んでいただける研修コースを開発・管理のご担当者様向けにご用意しています。

月1回程度の間隔で開催される定期コースに加え、お客様先で実施するオンサイトコースもご都合に合わせてアレンジしています。

 

研修へ >

開発会社を紹介してもらえますか?

WebFOCUSの製品コンセプトや開発手法を熟知した弊社認定ビジネスパートナーをご紹介します。システム構築からレポート開発まで一貫してご支援することができます。お気軽にお問い合わせください。

 

ビジネスパートナーとともに実施する支援サービスへ >

運用

出力結果のレポートを加工できますか?

ブラウザに表示されたレポート上で、データの簡易分析ができるレポートフォーマットがあります。

 

機能概要へ >※「アナリティックドキュメント」をご参照ください。

WebFOCUSの利用状況は把握できますか?

WebFOCUS利用状況の把握や見直しの基礎データとして、いつ・誰が・どのレポートを参照したのか設定に合わせて、ユーザーのアクセスログを取得できます。

 

機能概要へ >※「アクセスログ」をご参照ください。

現場で使っている既存のExcel報告書のレイアウトをそのまま流用できますか?

既存のExcelレイアウトを、そのまま利用できる「Excelテンプレート機能」を用意しております。


Excelテンプレートへ > ※「表現形式」にチェックしてご確認ください。


Excelテンプレート機能を利用された事例はコチラ

株式会社あらた様の事例へ >


パーソルキャリア株式会社(旧社名:株式会社インテリジェンス)の事例へ >


どのようなグラフが利用できますか?

棒、折れ線、面、円、散布図、バブル、メータ、じょうご、ヒートマップなど、16タイプ50種類以上ののグラフに加え、拡張グラフ機能を利用して独自のグラフを組み込んで利用することもできます。


グラフ出力へ >


スケジュールや外部からの連携で、レポート配信を実行できますか?

スケジューリング機能や外部からの呼び出しAPI機能を使用して、管理者やエンドユーザーがレポート実行ジョブを設定することができます。また、プッシュ型配信機能で、生成されたレポートを配信することができます。

・ Eメール

・ ファイルサーバ

・ WebFOCUSリポジトリ内


レポート配信/RESTful APIへ > ※「レポーティング」「運用管理」にチェックしてご確認ください。


既存のウェブサイトにKPIなどのグラフを埋め込んで表示できますか?

既存のウェブサイトにグラフや表を埋め込んだご利用が可能です。パブリック公開やシングルサインオイン連携による公開が可能です。

 

組み込みBIへ >


Excelに出力できますか?

出力可能です。Excelとの親和性が高いため、単純なデータ出力の他に、数式での出力やExcelテンプレート、Excelピボットの形式で出力可能です。


Excel連携へ >


ウェブアプリや社内のウェブサイトからレポートを呼び出して利用できますか?

ウェブアプリや社内のウェブサイトからの呼び出しが可能です。シングルサインオンを実装することで安全性と利便性を併せ持った運用ができます。

多言語に対応していますか?

日本語・英語・フランス語・ドイツ語・中国語・韓国語を含め32か国の言語に対応しています。

日本国内にサーバを設置いただき、ログイン時のブラウザ設定言語に合わせて自動で切り替えたり、利用者が手動で切り替えたりすることが可能です。画面全体のメニュー表示をはじめ、レポート上の項目名も、事前に複数言語を指定しておくことで、自動で切り替えることができます。


多言語対応へ > ※「その他」にチェックしてご確認ください。


多言語対応をされた事例はコチラ

安川シーメンス オートメーション・ドライブ株式会社(新社名:安川オートメーション・ドライブ株式会社)様の事例へ >


ユーザーの権限やメニューの制御はできますか?

ユーザーやグループごとに以下のセキュリティルールを設定可能です。

・ポータル

・ページ

・メニュー

・レポート

・データ

・機能


データアクセス制御/メニュー・機能制御へ >


データアクセス制御やメニュー・機能制御を利用された事例はコチラ

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社様の事例へ >

既存の認証システムと連携できますか?

Active DirectoryやLDAPサーバなど外部の認証システムと連携した認証など、他システムと組み合わせることもできます。WebFOCUS内独自の認証管理や、外部データベース上のテーブルを利用した認証管理も可能です。

 

外部認証連携へ > ※「セキュリティ」にチェックしてご確認ください。

シングルサインオインに連携できますか?

事前に認証したユーザーIDを受け取ってシングルサインオン連携が可能です。 統合Windows認証やリバースプロキシ方式、エージェント方式、SAML認証方式など、さまざまな認証システムとの連携実績がございます。

ERPと連携できますか?

専用アダプタによる実績がございます。SAP R3/BW、Oracle EBSなどERPをデータソースとした検索アダプタを用意しております。


データソースへ >


サポートアダプタの確認は、以下よりお問い合わせへください。


お問い合わせへ >

クラウド環境で動作しますか?

次のクラウドサービスの実績がございます。

・Microsoft Azure(Virtual Machines)

・Amazon Web Services(EC2)

・Oracle Cloud Infrastructure(Virtual Machines)


無償トライアルをご希望の方は、以下よりお問い合わせへください。


お問い合わせへ >



製品のライフサイクルは決まっていますか?

製品リリースのサイクルは都度ご案内しておりますので、個別にお問い合わせください。

標準のサポートサービス提供は、最新バージョンを含めた2世代を対象としております。最新バージョンから数えて3世代より以前のバージョンは「機能固定リリース」となり、サポートサービスの内容を一部制限させていただいております。サポートセンターへのお問い合わせは可能です。

 

プロダクトサポートへ >

サポート契約の締結は必須ですか?

初年度から必須です。サポート契約(プロダクト・サポート契約)のご締結がない場合は、バージョンアップおよび製品サポートの対象外となります。

サポートセンターの利用方法を教えてください

製品に精通した専任担当者によるサポート窓口を開設しております。

※サポートセンターのご利用にはプロダクト・サポート契約が必要です。

サポートセンターについての詳細は下記ページよりご確認ください。

 

サポートセンター(AWSC)へサポートセンター(AWSC)へ