TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>品質強化対策>HPE Unified Functional Testing>機能

HPE Unified Functional Testing

HPE Unified Functional Testingは、GUIおよびAPI(GUIレス)アプリケーションの両方の機能テストを実現するツールです。※HP QuickTest ProfessionalとHP Service Testが統合されました。

◎最新バージョン登場


UFTの主な機能

1.使いやすいインターフェース

HPE Unified Functional Testing(以下、UFT)は、コーディング不要のGUIベースのキーワードビューと、高度なカスタマイズが可能なエキスパートビューを備え、プログラミング初心者から上級者まで幅広い技術者にお使い頂けます。またチェックポイントやエラーハンドリング、同期化等、テストを設計する上で使用する様々な機能はGUIから簡単に設定可能です。
誰でも使いやすいインターフェースは大きなプロジェクトで複数名で共有して使用したり、全社的に開発プロセスの標準化の一環としてツールの標準化を進める上で非常に重要なポイントです。

2.豊富なチェックポイント

UFTではアプリケーションが期待通りに動作しているかを確認するため、下記の通り様々なチェックポイントが実装されています。

  • 標準チェックポイント
  • ビットマップチェックポイント
  • データベースチェックポイント
  • XMLチェックポイント
  • ファイルチェックポイント

3.エビデンス取得機能

テストの実行終了後に、結果が画面ショットとともに自動的に保存されます。UFT独自のレポート形式からHTMLやPDF、Wordといった汎用的なレポート形式に出力でき、さらにはMovieを取得する機能もあります。

画面ショットやMovieを自動で取得するため、不具合発生時の再現手順等のエビデンス取得の手間を軽減することができます。

4.豊富な対応環境

Web環境だけではなく、Windowsアプリケーション、VB、.NET、Java、Delphi、PowerBuilder、Oracle、SAP、RIA(Ajax/SilverLight/Flex等)に対応しています。

さらにMobile Centerと連携することで、iPhoneやAndroid端末といったモバイルデバイス上で動作するアプリケーションのテストも自動 化することができます。モバイルテスト自動化についてはこちらをご覧ください

5.データ登録ツールとしても活躍

今まで人手による作業が必要だったGUIアプリケーションからのデータ登録をUFTを使って行うことができます。例えば、パッケージ製品にみられるデータベースへの直接のデータロードが出来ない場合やデータロードのためのスクリプト開発に多大な工数がかかる場合に有効です。

UFTはクリティカルなシステムにおけるマスターデータの移行やメンテナンスで多数の実績がある信頼のあるツールです。

HPE Unified Functional Testing体験セミナーご案内

アプリケーションの機能テスト、回帰テストの効率化や短期化を実現し、正確性や品質を向上するためのヒントが得られる体験セミナーを定期的に開催しています。是非ご参加ください。


お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

品質強化対策の関連製品/サービス

ページの先頭へ戻る