TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>HPE Service Manager

HPE Service Manager

HPE Service Managerは、運用管理のプロセスを体系化し、各プロセスの情報を一元化、共有することで、正確性、効率性、確実性、信頼性のあるITサービスの提供を支援するソフトウェアです。

ITサービスマネジメントを支援する情報管理ソフトウェア

システム運用における課題

  • ヘルプデスクへの問い合わせ増加によって負荷が増大している。
  • 障害発生時に標準化された対応フローがないため、非効率かつ人的ミスをもたらす。
  • 障害の根本調査を行わなかったため、同じような障害が頻発している。
  • 担当者独自の判断によるOSパッチ適用やプログラム修正に起因してさらに重大な障害が発生している。
  • システム管理情報が散在していて、必要な情報をすぐに取り出せずに対応が遅延している。

HPE Service Managerの導入効果

情報の蓄積・一元化

  • 障害情報を蓄積することで、障害発生時に過去情報の検索を容易に検索できる
  • 過去データより障害発生の傾向を分析、今後の対応に役立てることができる
  • 管理情報を一元化することで、障害発生時の影響度合いなどを把握しやすくなる

プロセスの標準化

  • 運用プロセスを標準化することで個人のスキルに依存しない運用管理が可能になります。(ミスや対応の遅れを防止)

導入実績

国内外や業種、規模を問わず多くのお客様にご導入いただいています。

  • 社名公開の許可をいただいているお客様

株式会社リコー様

      株式会社リコー様

ENISHI”インシデント管理強化”ソリューション

ENISHI

HPE Service Managerは、ENISHI”インシデント管理強化”ソリューションのラインナップです。

無料セミナーのご案内

関連セミナー

ツールの活用イメージをユーザ事例とともにご紹介します。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る