TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>HPE Service Manager>機能

HPE Service Manager

HPE Service Managerは、運用管理のプロセスを体系化し、各プロセスの情報を一元化、共有することで、正確性、効率性、確実性、信頼性のあるITサービスの提供を支援するソフトウェアです。

機能

IT部門のための情報管理機能を提供

HPE Service Managerは、ITサービスマネジメントを実現するガイドラインである『ITIL』をベースに、IT運用業務のプロセスに沿った形で情報を区分け、一元化するIT部門のための情報管理機能を提供します。

ITILに準拠したシステム運用管理基盤を構築することで、運用管理の効率化を目指します。

主な機能

サービスデスク機能

ユーザからの問い合わせ(ヘルプデスク業務)を効率良く行います。

  • 問い合わせ、障害、依頼の登録、管理
  • Webからの受付
  • 各ユーザの問い合わせ一覧を自身で閲覧

インシデント管理機能

障害発生時の対応をよりスムーズに。

  • 障害内容の登録、管理
  • エスカレーション機能
  • ステータス管理
  • 統計レポート

ナレッジ管理機能

専用のナレッジエンジンを搭載し、問い合わせ、障害に対する迅速な対応を可能に。

  • 各管理プロセスで蓄積した情報、ナレッジデータを横断的に検索
  • 日本語の文節を認識してキーワードを抽出し、精度の高い検索を実行
  • 文書管理にも対応し、PDFやDOCなどの文書内の検索も可能
  • ヒット率なども学習し、成長するナレッジ管理へ

問題管理機能

様々な情報を基にした、障害の根本原因特定を短期に実現。

  • 問題の記録、分類
  • 過去の障害データを基にした傾向分析
  • 既知のエラーとして登録
  • 変更要求(RFCの発行)との連携
  • エスカレーション機能

構成管理機能

提供サービスを構成するCI(構成情報)の最新状態を管理。

  • 機器情報の管理(ハードウェア/ソフトウェア/ドキュメント)
  • 任意のカテゴリ分け
  • 他の管理情報との関連付け
  • 検索

変更管理機能

機器などに対する変更要求の申請~実施までを管理。

  • 構成項目に対する変更要求を登録・管理
  • 検索
  • ステータス管理
  • ワークフローに基づき、変更要求を承認
  • 障害情報との関連付け

サービスレベル管理機能

サービスレベルのプロセス(定義・設定・監視など)を管理。

  • サービス可用性の把握
  • レポート機能
  • 統計分析機能

サービスカタログ機能

様々なサービスをユーザに提供するためのWeb基盤を追加。

  • 物品購入、アカウント追加申請、サービス利用申請などに利用
  • 受け付けた要求はサービスデスクへ自動登録
  • あらかじめ設定した申請フローに基づき、サービス要求を承認

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る