TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>デスクトップ仮想化/アプリケーション仮想化>Citrix XenDesktop / XenApp>製品情報

Citrix XenDesktop / XenApp

Citrix XenDesktop、XenAppの導入ならアシストへお任せください!
Citrixは世界中で利用されているデスクトップ&アプリケーション仮想化ソリューションです。アシストは、最上位のCitrix認定販売パートナー「Platinum Solution Advisor」として、14年の提案ノウハウを有します。お客様への最適な構成のご提案から、構築・運用・保守までワンストップでサービスをご提供し、お客様のワークスタイル変革の実現を支援します。

製品情報

製品ラインナップ
  XenApp/XenDesktop 最新LTSRの製品ラインナップ(エディション)はこちら

製品ライフサイクル
  XenApp/XenDesktopのサポート終了情報(ライフサイクル)はこちら

システム要件
  XenApp/XenDesktop 最新LTSRのシステム要件はこちら

構成イメージ
  XenApp/XenDesktopの一般的なサーバ構成はこちら


技術情報

技術情報
  Citrix製品ご利用中のお客様向けに、アシストの技術ナレッジを一部を公開しています


保守サポート情報

アシストのCitrix保守サービス
  アシストが提供するサポートセンター(保守サポート)についてはこちら
  サポートセンターをご利用いただいているお客様との実際のやりとり(対応事例)も公開中

Citrix社の保守サービス
  Citrix社が提供するメンテナンスプログラムについてはこちら


関連コラム

【課題解決】クライアント仮想化で、サポート終了を迎えるIEを延命

Microsoftは2014年8月、Internet Explorer(以下IE)のサポート期限を大幅に変更しました。これにより、2016年1月12日以降、各OS毎に1つのバージョンのIEのみをサポート対象とし、それ以外のバージョンはサポート対象外となります。IE8以前のバージョンで稼働するWebアプリケーションを利用するお客様にとっては、重大な影響を受けることとなりますが、対策はお済みですか?
対策がお済みでない方、あるいは「システム改修を最後の手段」と考えておられる方に朗報です。システム改修をしなくても、旧バージョンのIEを安全に利用できる奥の手をご紹介します。

ie_life_extension

詳細はこちら

【課題解決】クライアント仮想化で、業務端末をインターネットから分離

近年、多発する標的型攻撃への対策として、自治体や企業ではインターネットと業務ネットワークの分離の検討が進んでいます。アシストが提供する標的型攻撃対策の一つ、「ダブルブラウザ・ソリューション」なら、仮想ブラウザ方式により、安価で簡単にインターネット環境と分離させることができます。ソリューションの詳細をご紹介します。

doublebrowser

詳細はこちら

【製品情報】Citrixバージョンアップ時の注意点

最新バージョンは、旧バージョンと比べてアーキテクチャが大きく変わっています。既存の構成を維持したままバージョンアップできないケースがほとんどで、 移行時は注意が必要です。
具体的にどのような点に注意すべきか、コラムにまとめました。特に、Windows Server 2003上でCitrix XenApp/XenDesktopを稼働されているお客様は必見です。

citrix-versionup

詳細はこちら


Citrixについて詳しく知りたい方へ

gaiyo

Citrixの製品概要やXenDesktop/XenAppの使い分け、アシストの支援サービスはこちら

jirei

Citrixの導入事例や実績はこちら

trial

Citrixの無料評価版のお申し込みはこちら

seminer

関連セミナーのお申し込みはこちら




中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る