TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>アプリケーションガバナンス>ChangeMiner

ChangeMiner

システムの維持運用が大きな負担になっていませんか?ChangeMinerはシステムを可視化し、現状分析はもちろん、変更による障害予防や影響分析を実現、システム品質と開発/保守の生産性を大きく向上させます。

◎おすすめウェビナー

ATF2021お申し込み

ChangeMinerとは

プログラムからテーブル/カラムまでの関連の可視化やCRUDマトリックスを自動生成する製品です。

個人のスキルや経験で影響調査にばらつきが出てしまう、ベテランにタスクが集中してしまう。

ChangeMinerはブラックボックス化しているシステムの情報を自動収集して分析し、ジョブやプログラム、テーブル/カラムの関連をわかりやすく可視化します。また、CRUDマトリックスなど、エビデンスとして利用できるレポートをいつでも出力できます。

影響調査を標準化することで、工数見積の精度が安定し、テスト範囲も絞り込めます。何より、ベテラン担当者に頼らざるを得ない「属人化」状態を解消できます。


ChangeMiner活用例

修正項目を含むオブジェクト一覧を取得

ブラックボックス化しているシステムを可視化するChangeMinerで、修正するDB項目がどのプログラムやDBオブジェクトに含まれているのかを確認する方法をご紹介します(1分28秒、音声付き)。

影響範囲の調査漏れによる不具合を防ぐ

ブラックボックス化しているシステムを可視化するChangeMinerで、修正するプログラムの影響がどこまで及ぶのか、抜け漏れないように確認する方法をご紹介します(1分38秒、音声付き)。

開発・テスト工数の概算を確認

ブラックボックス化しているシステムを可視化するChangeMinerで、システムを修正する場合に何本のプログラムを修正しなければならないのか、開発・テスト工数の概算を確認する方法をご紹介します(1分23秒、音声付き)。

DB登録項目が増えた場合の影響を調査

ブラックボックス化しているシステムを可視化するChangeMinerで、DBへの登録項目が増えた場合の影響を調査する方法をご紹介します(1分40秒、音声付き)。


お気軽にお問い合わせください



アプリケーションガバナンスの関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る