TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>アプリケーションガバナンス>ChangeMiner

ChangeMiner

既存システムの維持運用が大きな負担になっていませんか?ChangeMinerはシステムを可視化し、現状分析はもちろん、変更による障害予防や影響分析を実現、開発/保守の生産性を大きく向上させます。

デジタルトランスフォーメーションを阻むもの


ブラックボックス化した既存システム(レガシーシステム)に、かなりの労力と費用をかけていませんか?

経済産業省の「DXレポート~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」 ※1 にも指摘されているように、ドキュメントが整備されていない、構築時のメンバーやベンダーがいない、度重なる改修で肥大化・複雑化しているなどの問題により、企業は既存システムの運用とメンテナンスにコストをかけざるを得ず、このままではデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現できないばかりか、生き残れないとまで言われています。

レガシーシステムがDXの足かせとならないよう、早急な対応が必要です。


まずは、既存システムの現状を把握する


ブラックボックス化したシステムではトラブル発生時の対応に時間がかかったり、修正もままならなかったりと、そのままではビジネスニーズの変化に対応できません。まずは、廃止すべき不要な機能や再構築すべき機能を明確にするなど、複雑化した既存システムの現状を把握してスリム化する必要があります。


既存システムを可視化するChangeMiner


ChangeMinerは、現在稼働しているシステムの情報を自動的に収集して分析します。担当者は、ChangeMinerの分析結果からプログラムやデータベース間の関連をひと目で確認できます。システム状況がわかりやすく可視化されるので、ベテラン担当者に頼らざるを得ない「属人化」状態を解消できます。


現状分析


ChangeMinerは、ドキュメントが古くて誰も全体を把握できていないシステムを見える化します。いつでも最新状態のCRUD図を出力でき、ジョブやプログラム、テーブルの関連をマップやフローで表現できるので、引き継ぎや仕様変更の説明、トラブル報告などの場面でコミュニケーション手段として活用できます。また、実は使われていないプログラムやデータベースオブジェクトを簡単に洗い出し、システムのスリム化を図れます。


影響分析


ChangeMinerを利用すれば、これまで長時間かけていた影響分析の工数を大幅に削減し、人的ミスや調査漏れによるトラブルを防ぐことができます。修正範囲が明確となるのでテスト範囲も限定することができ、無駄な工数を省けます。エラー発生時も影響範囲がどのテーブルや業務に及ぶのかを把握できるので、迅速に対応できます。



お気軽にお問い合わせください



アプリケーションガバナンスの関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る