TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>品質強化対策>HPE LoadRunner>機能

HPE LoadRunner

HPE LoadRunnerは、「負荷テストツール」の代名詞として国内外の実績に裏打ちされた信頼性の高い、多機能負荷テストツールです。

12.01新機能

機能

負荷テストの作業は「スクリプト作成」「負荷テスト実行」「結果分析」に大別されます。負荷テストの流れに沿って各機能をご紹介します。

負荷テストの流れ

スクリプト作成(仮想ユーザジェネレータ)

仮想ユーザとは

人手で負荷テストを行う場合、ある一連のオペレーションを同時に実行させます。HPE LoadRunnerはその一連の処理を仮想ユーザスクリプトに置き換えて擬似的なユーザとして処理を実行させます。

仮想ユーザスクリプトの作成

仮想ユーザスクリプトを作成するにはHPE LoadRunnerの仮想ユーザジェネレータを使用して作成します。作成手順はシンプルで非常に簡単です。
<作成手順>
1.記録ボタンを押す
2.テスト対象アプリケーションを操作する
3.記録を終了する

仮想ユーザジェネレータの主な機能

画面遷移ごとの応答時間を計測可能です。

各仮想ユーザで同期をとり、任意の処理を同時に行うことができます。

仮想ユーザ実行中にどのように画面遷移を行っているのかリアルタイムに確認できます。

記録した操作は画面遷移ごとにアイコンツリー上に表示されるので、処理の全体が見渡せます。

遅延時間、パケットの紛失、リンク障害、LAN 上の動的ルーティングの影響など可能性が高いWANの影響を取り入れることによって、LAN環境から負荷をかけても、WAN環境のエミュレーションを効率的に制御できます。WANエミュレーション適用時のパフォーマンスを分析で確認できます。

負荷テスト実行(コントローラ)

コントローラ(負荷テスト実行モジュール)

コントローラとは作成した仮想ユーザスクリプトを何ユーザで実行するのか、また実行のスケジュール負荷のタイミングなどのシナリオ設定を行うモジュールです。

コントローラの主な機能

例えば、5秒おきに2ユーザずつ追加等、段階的に仮想ユーザを増減させることが可能です。これにより何ユーザでサービスレベルを維持できなくなるのかといった指標になります。

分析には欠かせないシステム・リソースを取得することができます。例えば、ログイン処理の応答時間とCPU、メモリの使用率をタイム・スタンプを合わせて表示することによりマシンスペックの性能評価にもつながります。

負荷テスト実行中の状態がリアルタイムに監視できます。仮想ユーザのステータスや実行中のエラーなどを把握することが可能です。

遅延時間、パケットの紛失、リンク障害、LAN 上の動的ルーティングの影響など可能性が高いWANの影響を取り入れることによって、LAN環境から負荷をかけても、WAN環境のエミュレーションを効率的に制御できます。WANエミュレーション適用時のパフォーマンスを分析で確認できます。

結果分析(アナリシス)

アナリシス(結果分析モジュール)

HPE LoadRunnerの持つ分析モジュール(アナリシス)は "テスト結果" を様々な角度から分析し、問題の切り分けを迅速に行います。以下はアナリシスの持つ結果サマリー画面、および主な分析グラフをご紹介いたします。

アナリシスの主な機能

負荷テストを行った結果のサマライズされた情報を一画面で把握することが可能です。応答時間を数値ですばやく把握したい場合などに効果を発揮します。

コントローラで取得したシステム・リソースのグラフをアナリシスで表示させることが可能です。あるトランザクションとグラフと重ね合わせて表示することにより、トランザクションがシステム・リソースに影響を与えてないか確認することが可能です。

例えばトランザクションの応答時間で一番早かったユーザが7秒、遅かったユーザが10秒だとすると、7秒から10秒の間の仮想ユーザの応答時間分散状況を把握することが可能です。

例えばログイン処理のサービスレベルを7秒とした際に、何ユーザがサービスレベルをクリアしているかを確認することが可能です。

分析モジュールにてカスタマイズしたグラフ画面を、ボタン1つでWord文書に変換します。もちろんグラフやロゴ、コメント文も反映されますので担当者には非常に便利です。

外部ツールで収集したシステム・リソース情報をHPE LoadRunnerのアナリシス画面に取り込むことができます。※ファイル形式を合わせる必要があります。

オートデモンストレーション動画

オートデモ

主な機能について、操作イメージを体感いただくためにオートデモをご用意しています。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

品質強化対策の関連製品/サービス

ページの先頭へ戻る