TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>品質強化対策>HPE Quality Center

HPE Quality Center

HPE Quality Centerは、テストの情報を一元管理し、進捗や品質の分析を行うためのテスト管理Webアプリケーションです。テストに関するすべての情報、プロセス、変更履歴などをすべてデータベースで管理します。

テスト工程の統合管理でシステム品質を向上

テスト管理における課題

以下のような課題は、HPE Quality Centerで解決できます。

  • 情報が活用できない
  • テスト要求とテストケースや不具合情報が別々のファイルで管理されており、変更があった際のドキュメントの更新が追いつかない
  • ファイルが散乱して見たい情報にすぐにたどりつけない
  • アプリケーション毎に関わる開発ベンダーが異なり、テストプロセスが標準化されていない
  • 時間がかかる
  • テストの進捗や品質把握のための集計作業に時間がかかりすぎている
  • 関係者との情報共有や打ち合わせに時間がかかる

HPE Quality Centerによるテスト管理の改善

テスト管理情報の一元管理

HPE Quality Centerは、テストに関係する情報を一元管理するテストマネジメントのインフラです。要件管理/テスト管理/テスト実行管理/不具合管理の主に4つのフェーズで情報をデータベースで一元管理します。テストの進捗や品質をいつでも最新の情報で確認・分析・評価できます。

特長

  • 情報が活用できる
  • 要求管理からテスト管理まで一元的に情報が確認でき、ドキュメントの更新が追いつく。
  • テスト進捗に関わる情報、期日や担当者などの情報が一元管理でき、必要な情報をすぐに確認できます。
  • テストプロセスをノウハウとして蓄積することで、標準化を行うことが可能です。テストプロセスを一から検討する必要がなく便利です。
  • データをすぐ確認できる
  • テストケース名、既存不具合等のキーワード検索も行えるため、過去の資産情報がすぐに抽出できます。

HPE Quality Centerの主な特長

データの見える化による情報活用

蓄積している情報はそれぞれリンクしており、自動的に関連付けされることで完全に追跡の作業が自動化されます。情報の変更履歴の取得、要件変更時の影響度判断と関係者への通知、システム改修時の回帰テストの洗い出しなど、時間がかかる作業を全てWeb上で短時間で行えます。

継続的なPDCA

PDCAの繰り返しにより、次回のプロジェクトで追加・修正すべきテストの観点を検討・改善します。情報の管理方法や活用方法の継続的な改善によって、システム品質の向上へとつながります。

仕組みの横展開

テストマネジメントプロセスが確立されたら、他プロジェクトや他部署など、組織全体にノウハウを展開します。
組織レベルでのテストマネジメントプロセスの標準化が実現します。複数のプロジェクトの進捗/品質の比較や、管理指標に基づく広い視点での品質評価を実現します。

HPE Quality Centerを詳しく知りたいお客様へ

HPE Quality Centerの機能をご紹介します。

システム要件の資料をダウンロードいただけます。

HPE Quality Centerの事例をご紹介します。

ENISHI 品質管理ソリューション

ENISHI

HPE Quality Centerは、ENISHI 品質管理ソリューションのラインナップです。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

品質強化対策の関連製品/サービス

ページの先頭へ戻る