TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>Hitachi IT Operations Director>機能>エージェントレスで資産管理

Hitachi IT Operations Director

エージェントレスで資産管理

エージェントレスでの管理が可能!

Hitachi IT Operations Directorでは、管理対象のPCへエージェントモジュールをインストールすることなく、システム情報やソフトウェア情報の収集および資産の管理と、セキュリティ診断が行えます。

また、Hitachi IT Operations Director管理サーバはネットワーク上に繋がっているPCを定期的に検出するため、新規に接続されたPCなども漏れなく管理することができます。

エージェントレス

エージェント導入による更なる機能強化!

Hitachi IT Operations Directorはエージェントレスでも管理可能ですが、管理対象のPCへHitachi IT Operations Directorエージェントを導入することで、PCのセキュリティ設定を強制的に変更したり、Winny等の不正なソフトウェアの起動抑止やUSBメディアの使用を禁止させるなど、セキュリティ対策をより強化できるようになります。

さらにエージェントを導入したPCに対してリモートでソフトウェアを配布することも可能になります。

エージェントの有無による違いは以下の通りです。

大項目 中項目 エージェント導入 エージェントレス
機器管理 機器情報の収集 △※1
セキュリティ状況の診断 セキュリティポリシーの割り当て
セキュリティ状況の診断 △※2
セキュリティポリシー違反時のアクション セキュリティの自動対策 ×
印刷の抑止 ×
データの持ち出し抑止 ×
ソフトウェアの起動抑止 ×
操作ログの取得 ×
メッセージの通知 ×
電源のONおよびOFF ×
資産情報の管理 ハードウェアの管理
ソフトウェアライセンスの管理
ソフトウェアの管理
契約の管理
ソフトウェアまたはファイルの配布 ソフトウェアの配布 ×
ファイルの配布 ×
ソフトウェアのアンインストール ×
機器のリモートコントロール コンピュータの遠隔操作
コンピュータからの接続要求 ×
ファイル転送 ×
チャット ×
機器のネットワーク接続の管理 ネットワークモニタの有効化 ×
ネットワークへの接続の制御
レポート レポートの作成

(凡例) ○:対象となる △:一部が対象となる ×:対象外

  • ※1 エージェントの有無および認証の設定によって、収集できる機器情報が異なります。
  • ※2 エージェントレスでセキュリティ状況を診断したい場合は、Windowsの管理共有を有効にしてください。

探索範囲と認証情報を設定するだけですぐに運用開始!
エージェントインストールもネットワーク経由でカンタン!

探索を実施したい範囲と認証情報を設定するだけで、自動的にネットワーク上のPCがリストアップされ、各機器のシステム情報やソフトウェア情報、セキュリティ対策状況をすぐに確認できます。

また、管理対象のPCへのエージェントインストールは、ネットワークを経由し、管理画面からウィザード形式で簡単に行えます。
エージェントインストール中はインストール先PC側の画面には何も表示されずバックグラウンドで行われるため、エンドユーザ様の業務を停止することなく安心してインストールを完了させることができます。

簡単インストール

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る