TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>インターネット分離>Ericom Shield>製品情報

Ericom Shield

Ericom Shieldは、インターネットWebコンテンツの実行を100%エンドポイントから分離し、Web経由のマルウェア感染を防止します。ブラウザから利用できるため、ユーザーの使い勝手が変わりません。

◎このページの目次

Ericom Shieldの仕組み

Ericom Shieldの仕組み

Ericom Shieldのインターネット分離の仕組みは以下のようになっています。

1. エンドポイントからのインターネットWebサイトに向けたhttpリクエストを
  Ericom Shieldがプロキシサーバ
として受け取ります。

2. Ericom Shieldがアクセス制御を実行し、1つのセッション(ブラウザタブ単位)に対して
 1つの仮想コンテ
ナを割り当てます。

3. 全てのWebコンテンツが仮想コンテナ内の専用ブラウザによって実行され、レンダリングされます。

4. レンダリング済の害のない画像ストリームのみエンドポイントのブラウザに送られます。

5. ユーザーはEricom Shieldに接続していることを意識せずに、従来通りブラウジングできます。

6. Webからダウンロードするドキュメントは、CDR プロセスを経て無害化され、
 シームレスにエンドポイント
にダウンロードされます。

7. ユーザーがローカルブラウザのタブを閉じた際、または事前に設定したタイムアウトを超過した際に
 仮想
コンテナが破棄されます。

  • CDR:Content Disarm & Reconstruction(ファイル無害化)

LinuxコンテナにWebの脅威を完全に封じ込める機能を搭載

Ericom Shieldは、Webコンテンツ内の感染リスクのあるコードを隔離されたコンテナ上で実施します。
HTMLファイル、JavaScript、CSS、フォントファイルといった全てのWebコンテンツを、組織内ネットワークとは隔離されたDMZ等のLinuxコンテナ上で実行し、レンダリングされた後の一切感染リスクの無い画面ストリームをエンドポイントのブラウザに転送します。

下図をご確認ください。脅威の排除はソースコードで一目瞭然です。

Shield後のソース

Ericom Shieldの8つの特長

1. あらゆるデバイスのHTML5ブラウザから利用可能
  クライアント端末にソフトウェアをインストールする必要はありません。
  HTML5対応のブラウザさえあれば、
Ericom Shieldを利用できます。

2. 管理者が組織ニーズに応じたポリシーを定義可能
  全てのWebリクエストがEricom Shieldを経由し、Ericom Shieldのアクセス制御ポリシーに
  従ったブラウ
ジングを実現します。

3. タブ単位で制御するため​、一つのブラウザでブラウジングが可能
  イントラネットサイト閲覧も、Ericom Shield経由のインターネット閲覧もローカルブラウザから
  利用
できます。

4. ファイル無害化機能をビルトイン
  ユーザーは面倒な操作を一切せずにインターネットから無害化済みファイルをダウンロードできます。

5. 見易いダッシュボードと、レポーティング機能を搭載
  現状を一覧できるダッシュボードと、利用ユーザー数、使用中ライセンス数を確認できる
  レポーティング
機能を搭載しています。

6. URLアクセスログを取得可能
  ユーザーのサイト閲覧履歴をレポーティングできます。

7. 自動更新で常に最新版を維持
  管理コンポーネント、リモートブラウザを最新版へ自動更新します。

8. 高可用性とスケールアウトを簡単に実現
  Linuxコンテナベースの管理コンポーネントで高可用性構成を簡単に実現。
  スケールアウトも簡単に
できます。


Ericom Shieldのサポートポリシー

Ericom Shieldのサポートポリシーはこちら をご参照ください。
※Ericomパートナー様とエンドユーザー様への限定公開のため、認証制限がかかっております。

Ericom Shieldのシステム要件

Ericom Shieldのシステム要件については、現在公開しておりません。
誠に恐れ入りますが、こちら からお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


もう一つのインターネット分離ソリューション「ダブルブラウザ」とは

ダブルブラウザ・ソリューション

アシストが最初に取り扱いを始めたインターネット分離ソリューションです。自治体や金融機関を中心に、100社20万ユーザー(2018年12月現在)に利用されています。
アシストでは、ダブルブラウザとEricom Shieldの2つのインターネット分離ソリューションを扱っているため、お客様のニーズに応じたご提案が可能です。

インターネット分離の関連製品/サービス

セキュリティに関するその他の課題

ページの先頭へ戻る