TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>情報漏えい対策>SHieldWARE

SHieldWARE

SHieldWAREは不正アクセスからサーバを守るセキュリティ強化ソフトウェアです。特権IDを含めたアクセス制御、改ざんできないログ取得、違反アクセスの検知により情報資産を守ります。

SHieldWAREとは

SHieldWAREは、富士通SSL(ソーシアルサイエンスラボラトリ)が開発する純国産のサーバセキュリティ対策製品です。OSの標準機能では難しい、rootやAdministratorといった特権IDも含めたファイルアクセス制御を行うことにより、安易に特権IDを信頼しないゼロトラスト基準のセキュリティ基盤を提供します。


こんな悩みはありませんか?

  • 機密情報を含む重要なファイルに、特権IDでは不正にアクセスできてしまう
  • 重要データを抽出するDBのコマンドが、特権IDでは不正に実行できてしまう
  • 不正に気付くためのログの取得や、検知の仕組みが実装できていない

SHieldWAREのファイルアクセス制御により
不正操作を許さず、見逃さないサーバセキュリティを実現できます。

特権IDも制御できる!

  • 機密情報を含む重要なファイルに、特権IDでもアクセス制限ができます
  • 重要データを抽出するプログラムの実行を、特権IDでも制限します
  • 不正操作に備え監査ログを取得します
  • メール通知機能で即時に不正を検知します


SHieldWAREのファイルアクセス制御機能は、内部不正対策や標的型攻撃対策といったセキュリティ向上策としてはもちろん、特権IDの適切な管理が指摘される監査対応やPCI DSS、IT全般統制といった組織のITガバナンス向上といった目的で広く利用されています。

検討から導入後まで、安心してお任せください

ご検討

20年目の技術力

アシストでは約20年前からサーバOSセキュリティ製品を広くご提案、導入しています。ご検討の際は専任技術者がご要件を詳細にお伺いしながら、様々なご質問、ご相談を伺います。まずは無料の資料ダウンロードサービスもお気軽にご利用ください。


導入

導入まで

導入までの間、各種支援サービスをご用意し、お客様の運用開始までをしっかりとサポートします。また製品パッケージとは別に、SHieldWAREがより一層使いやすくなるアシスト特製「監査ログ出力シェル」「キーロガーシェル」をご提供します。


導入後

満足度95パーセント

導入後はメール、Web、電話にてサポートを承ります。おかげさまで満足度は95%。メール、WEBでは1時間以内、電話では30分以内のスピード返信を目指し、SHieldWAREを安心してご利用いただける体制を整えています。


セキュリティに関するその他の課題

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る