TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ログ分析>LogRevi

LogRevi

LogRevi(ログレビ)は、複数ログの見やすさ、探しやすさ、検索スピード、すべて兼ね備えた国産のログ分析ソフトウェアです。ログの見える化を強力に推進します。

ログ分析のよくある悩みを全て解決

ログ分析の実態

ログ分析の実態

システム運用、セキュリティ担当者の多くが、様々な理由で、企業内のシステムのログ分析の必要性を感じています。

しかし、企業内にはシステムや機器が個々にログを出力しています。これらを個別に確認したり、大量で検索に時間がかかったり、試行錯誤しながら纏めたりしなければならない工数が、ログの分析や活用を妨げる一つの要因になっているようです。

●担当者の声

ログ分析が必要だと思う理由、目的を教えてください。

  • システム障害の原因調査
  • 標的型攻撃や攻撃による不正な通信をいち早く検知したい
  • セキュリティ・インシデント発生時の証跡調査
  • システム更改や、セキュリティ対策見直しのため
  • 何かが起こってしまう前の予防。定期的に、異常や見直しの必要性を確認したい
  • 標的型攻撃の予兆が発見できると良い
  • 内部統制報告書。規定の報告作成、監査対応に必要
  • 従業員の不正行為の発見や、社内周知による抑止が目的

ログ分析業務で、どんな悩みを感じていますか?

  • システム毎にログを個別運用している
  • ログの種類や量が多く、フォーマットがバラバラ
  • どのように分析したらいいのか、切り口や手法がわからない
  • システム毎に保管年数が異なり、管理しにくい
  • 複数システムのログをシステム毎に確認していて面倒
  • ログが大量で検索に時間がかかる。調べたい時にすぐに結果が出てこない
  • ログは取っているだけ。有効活用できていない
  • リアルタイムに異常を検知できない

ログの一元管理で一挙に解決

これらのお悩みは、システム毎のログを一元的に管理できる分析基盤を、ログ分析ツールで作ってしまうことで、きれいに解消できます。

つまり、必要なシステムのログを自動で収集、纏めて圧縮保存し、1つの画面で管理できれば、そこから必要な切り口で、効率的に分析、異常検知ができるようになります。なお、検索エンジンが優秀なものであれば、検索も時間がかからないうえ、一般的な分析の切り口がテンプレート化されていれば、分析手法に迷ったり試行錯誤せず、報告書を作成できます。

ログ分析ツールが問われる3つの要素

ログ分析が必要なあらゆる局面で、ログ分析ツールには3つの要素が問われます。

  • 複数ログ分析に必要な機能が充分に備わっていること
  • ログ分析に携わる担当者が、快適と感じる閲覧性や操作性が備わっていること
  • リアルタイムに異常が検知できること

LogReviは、これら3つの要素を満たす日本製のログ分析ツールです。

3つの要素を満たすLogRevi

LogReviは、以下の7つの機能でログ分析を実現します。リアルタイムの異常検知、アラート通知はもちろん、複数ログの一画面表示、ドリルダウンといった閲覧性と、高速検索エンジンによりレスポンスの落ちない快適な操作性を提供します。

LogReviによるログ一元管理の構築イメージ

LogReviは1台のLogReviサーバから利用でき、独自のデータベースにログを蓄積します。蓄積されたログは専用ビューアにより閲覧できます。高速検索エンジンで必要なログを絞り込んだり、自動レポーティング機能によって定期的な報告書の作成も容易に実現できます。

LogReviはどのようにログを一元管理し、快適な分析環境を実現するのか、次の機能ページで詳しく解説します。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ログ分析の関連製品/サービス

セキュリティに関するその他の課題

ページの先頭へ戻る