TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>SaaS型運用管理>千里眼SaaS

千里眼SaaS

千里眼SaaSは、統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」が蓄積したログやイベントをSaaS型BIによって可視化、分析するサービスです。システム障害の予防や人的リソースの効率的な配置など、ITサービスマネジメントの高度化への取り組みと改善活動をサポートします。


千里眼SaaSならシステム運用の「今」が一目瞭然

もう重大イベントを見落とすことはありません!


・不要イベントで重要な障害イベントが埋もれている
・イベントは収集のみで傾向分析ができていない

このような現状課題はJP1標準機能では解決が難しく、システム運用管理担当者のスキルやノウハウに依存する傾向が高いです。

SaaS型運用イベント分析プラットフォーム「千里眼SaaS」


システム運用の「今」知りたい事象を「すぐに」確認することができるのは、アシストの「千里眼SaaS」だけです。
千里眼SaaSなら最新のイベントの出力状況を可視化できるため、重大イベントを見落とすことなく現状を把握することができます。


千里眼SaaSを使わずにはいられない!3つの効果

1.長期間のイベントを参照/活用できる!

千里眼SaaSなら、過去数ヶ月から数年間にわたって蓄積された大量のイベントデータを取り込み、様々なレポートを高速レスポンスで表示し、傾向把握や問題特定などに活用することができます。

2.レポート作成工数を大幅に削減できる!

千里眼SaaSなら、データ取り込みからレポート化までを自動化し、レポート作成に費やしていた時間と手間を、分析や改善策にシフトすることが可能となります。

3.ジョブ運用の現状が見える!

千里眼SaaSなら、どの時間帯に、どのサーバで、どれだけの時間ジョブが稼働したのかをわかりやすくレポート化できます。


千里眼SaaSのレポートを見てみよう!

ダッシュボードと6つのレポートテンプレートを標準用意

レポートテンプレートのご紹介

システム管理者が出勤後最初に確認する画面です。イベントの発生件数を確認し、前日運用日の問題有無を察知することができます。

千里眼SaaSにてJP1イベントの分析を開始する際のスタート地点。サマリ画面で問題の一端を発見し、詳細にフィルタリングして追求します。

定期的にエラーを起こすジョブや、エラーの発生する時期/時間帯を素早く発見できるレポートです。


SaaSだからすぐ使える。アシストだから安心。


サービス提供価格

月額98,000円

・契約期間は、年単位となります。
・上記にはサポートサービスが含まれています。
・消費税は含まれません。
・初期費用が別途かかります。

サービスの詳細は、下記のバナーよりお問い合わせください。



関連製品/サービス

JP1は、国内トップシェアを誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。システムの自動化や稼働性能監視、資産管理等を統合的に行うことができます。JP1のことなら、実績豊富なアシストにご相談ください。

Qlik Senseは、大量データを簡単な操作で可視化し、分析できるインメモリBIツールです。現場のエンドユーザ主導で分析アプリケーションを作成できる、セルフサービス型のデータ分析プラットフォームです。

ENISHIは、ITサービス環境をアシスト視点のプロダクト、ノウハウ、サービスに照らし合わせ、よりコンパクトで、迅速に成果を挙げられるITサービスマネジメント実践ソリューションです。

SaaS型運用管理の関連製品/サービス

ページの先頭へ戻る