TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>JENNIFER

JENNIFER

JENNIFERはWebアプリケーションサーバのモニタリングのための、アプリケーション性能管理(APM)ツールです。ログ解析を必要とせず、アプリケーションの内部処理をダイレクトにモニタリングすることで問題の原因を劇的なスピードで切り分けます。

Webアプリケーションの開発/運用における課題

多くの企業が基幹システムなど業務遂行に必要不可欠なシステムをC/SからWebへと移行しています。Webシステムは、Webサーバ/アプリケーションサーバ/データベースサーバの3層構成が多く、レスポンス遅延など性能に関する問題が起きた際、原因の切り分け/特定に時間がかかります。また、Webシステム開発時のテスト不足が、運用後に思わぬ性能低下を引き起こす可能性があります。

<具体的な課題>
■運用面
・ユーザからの問い合わせで初めてレスポンス遅延が発覚して対応が後手になっている
・OSリソース、アプリケーションログ、データベースログなど様々なデータを
突き合わせながら調査するため、非常に時間がかかる
・システムが複雑で、それらに精通した技術者しか対応できない
■開発面
・Webシステム開発時に、全てのアプリケーションで性能テストが実施できていないため、
 運用後にレスポンス遅延が起きてしまう
・負荷テストを実施すると、レスポンス遅延することが分かったが、原因の切り分けに
 時間がかかる


問題箇所の特定・品質向上には、アプリケーション性能管理(APM)が有効

これらの課題を解決するための方法として、アプリケーション性能管理(APM) という分野が注目されるようになりました。APMとは、サービス/アプリケーションのパフォーマンスを定量的に把握、コントロールし、ユーザに対し適切なサービスを提供できているかどうかを確認、監視する手法です。一般的な監視対象は、ユーザレスポンス、アプリケーションサーバのリソース情報とアプリケーションの内部情報( トランザクションと SQL 応答時間、エラー情報 ) などがあります。

例えば、アプリケーション運用段階で応答時間に問題がある場合には、内部情報をもとに原因を迅速に特定します。また、蓄積した監視データから、アクセス数やリソースの傾向分析も可能なため、サーバ増強やリソースのプロビジョニング計画などの運用計画づくりに活かせます。さらに、アプリケーション開発段階では、結合テストにおいてAPM ツールを利用すれば、単体テストでは発生しない性能遅延を発見できるようになります。遅延しているアプリケーションや SQL を改修してリリースする、という統一した品質基準を設けることで、運用後の性能低下の発生を抑えることが可能となります。このようにアプリケーションパフォーマンス管理により、「ビジネスの視点によるサービスレベルの担保」、「障害対応の効率化」、「無駄のないキャパシティプランニング」を期待できます。


アプリケーション性能管理ツール JENNIFERとは


JENNIFERはWebアプリケーションの内部をモニタリングし、ユーザに快適なサービスが提供されているかどうかを「可用性」と「パフォーマンス」の観点から分析するAPMツールです。アプリケーションサーバにエージェントを導入し、ページリクエストの応答時間やクエリに対するデータベースの応答時間をモニタリングすることで、「サービス障害の検知」、「障害原因特定の時間短縮」、「サービス負荷の傾向把握」を実現します。

   JENNIFERモニタリング画面(クリックで拡大)


JENNIFERの特長


監視データは1秒単位でエージェントへ送信されるので、アプリケーションの性能をリアルタイムに把握できます。性能低下の兆候をいち早く察知し、利用者に影響が出る前に対処することが可能となります。


監視データは、ログ解析やSQLに精通していなくても分かるよう可視化されており、性能低下の原因を、わずか3クリック程度で特定できるように設計されています。そのため、問題箇所の特定までの時間を大幅に削減します。


アプリケーションサーバにエージェントを導入しますが、1,000トランザクション/秒のアプリケーション規模でも、CPU負荷はわずか0.5%増程度です。


導入実績

国内外あわせて約900社にのぼり、業務システムから大規模ECサイトまで多くの実績があります。
アシストは2010年からJENNIFERの取り扱いを始め、国内代理店の中での導入社数実績はNo.1です。(2015年8月現在)

<お客様の声>


■製造業(情報システム部門)
これほどリアルタイムにアプリケーションの性能を確認できるとは思いませんでした。
画面の操作も分かりやすく、特別なスキルがなくても簡単に使いこなせそうです。


■販売業(ECサイト運用部門)
アプリケーションの開発担当と運用担当間で、Webブラウザ上で性能の情報を共有できて便利です。
画面がグラフィカルで、ずっと見ていても飽きないほどです。

アプリケーション性能管理(APM)ツール「JENNIFER」デモ動画公開中

<JENNIFERでシステムの全トランザクションをリアルタイム監視>

システムの全トランザクションをリアルタイムに監視し、遅延トランザクションのSQL実行時間を数クリックで特定します。
遅延が発生した際の問題の切り分けを迅速に行えます。


<JENNIFERで過去トランザクションを追跡>

過去のTPS(トランザクション/秒)や応答時間、リソース使用状況をブラウザから参照可能です。
蓄積されたデータを活用し、問題発生時のすばやい対応を実現します。


JENNIFERを詳しく知りたいお客様へ

特長

JENNIFERの特長と、開発/運用フェーズでの活用方法をご紹介しています。

支援サービス

JENNIFERの導入支援サービスをご紹介しています。

システム要件

JENNIFERエージェントの導入要件とサーバのシステム要件を記載しています。

事例

JENNIFERの導入実績と導入事例をご紹介しています。


ITサービスマネジメント実践ソリューション「ENISHI」

ENISHI

「ENISHI」は、JENNIFERだけでなく、運用管理全般の課題解決に役立つアシストのオリジナルソリューションです。アシストが積み重ねてきた経験や実績からの工夫やナレッジを取り込み、知識体系やガイドラインだけでない現場発想型の効果的な改善アプローチを可能にしています。

ENISHIについて詳しく見る

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る