TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>JENNIFER>機能/特長

JENNIFER

JENNIFERはWebアプリケーションサーバのモニタリングのための、アプリケーション性能管理(APM)ツールです。ログ解析を必要とせず、アプリケーションの内部処理をダイレクトにモニタリングすることで問題の原因を劇的なスピードで切り分けます。

JENNIFERの機能や特長

<特長1>リアルタイム監視でアプリケーションの稼働状態を確認

Java、.NET、PHPアプリケーション内部の情報をリアルタイムに取得/蓄積

アプリケーションのプロセス上でエージェントが稼働し、全てのトランザクションをリアルタイムにモニタリングします。監視データは1秒単位でJENNIFERサーバへ送信、コンソール上で可視化される為、性能低下の兆候をいち早く察知し、利用者に影響が出る前に対処できます。また、トランザクション情報を全て蓄積しているので、過去に遡ってアプリケーションの状態を確認できます。そのため、障害の再現待ちをしなくても、問題が発生した日時で情報を検索し、原因特定が可能です。

Java、.NET、PHPアプリケーション内部の情報をリアルタイムに取得/蓄積

JENNIFERが監視する項目

トランザクションのレスポンス・SQL実行時間・ファイルI/O・ソケットI/O・CPU使用率・メモリ使用率
ヒープメモリ使用量・JDBCコネクション数・エラー情報

メールによるアラート通知で、即時に性能低下の兆候を察知

サーバリソースやアプリケーション処理について約30項目の「しきい値」を設定し、値を超えた場合は、あらかじめ設定したメールアドレスへアラートを通知します。コンソール画面を常に確認していなくても、アプリケーションの性能低下の予兆に気づき、対処できます。

メールによるアラート通知で、即時に性能低下の兆候を察知

<特長2>分かりやすく可視化され、原因特定がスムーズ

監視データはグラフィカルに可視化され、専門知識が無くても容易に理解

アプリケーション内部の監視データは、直感的に分かりやすいよう可視化されます。また、コンソール画面上にモニタリングに必要な項目が全て表示されているので、問題が起きた際も数クリックで原因を特定できます。アプリケーション性能低下において最も時間を要する、原因特定までの時間を大幅に削減します。

アプリケーション内部の監視データを可視化するコンソール

※クリックして拡大

Webシステム全体の構成とトランザクションを自動的に可視化

アプリケーションサーバとデータベースサーバの関係性やサーバ間のトランザクションを自動的にマップとして可視化します。滞留しているトランザクションが多いと「青→黄色→赤」とアイコンの色が変化し、視覚的にシステムの状態を確認できます。黄色もしくは赤のアイコンをダブルクリックすれば、エラーやトランザクション滞留の詳細まで確認できます。複数のサーバで構成されるWebシステム全体を俯瞰することで、負荷分散やトランザクションの状況が容易に把握でき、遅延や停止のリスクを防ぎます。

Webシステム全体の構成とトランザクションを自動的に可視化

※クリックして拡大

トランザクション内の処理時間の内訳を可視化

トランザクション毎のプロファイルデータを「メソッド」「SQL」「外部呼び出し」に分類し、全体の応答時間における各処理の割合を視覚的に表示します(タイムラインビュー機能)。これにより、トランザクション内のどのプロファイルに多くの処理時間がかかっているかをひと目で把握でき、遅延や障害の迅速な原因特定が可能です。

トランザクション毎のプロファイルデータの応答時間内訳を視覚的に表示

※クリックして拡大

システム利用ユーザ視点で応答時間を収集

Webサービスを利用するユーザの体感応答時間をモニタリングします。Webシステムは、アプリケーションサーバに問題がなくても、クライアントPCやブラウザ、ネットワークが原因でレスポンス遅延が発生するケースがあります。ユーザの体感応答時間をモニタリングすることで、いち早くレスポンス遅延発生に気づき、迅速な原因の切り分けと、対処が可能です。ECサイトなど、ほんの少しのレスポンス遅延が機会損失に直結する場合は、特に、ユーザ視点の応答時間のモニタリングが重要です。

システム利用ユーザ視点で応答時間を収集

※クリックして拡大

アプリケーション情報はわかりやすくレポート化

収集したアプリケーション情報をグラフや一覧表示しレポート化します。遅延アプリケーション、SQLのTOP10情報や、CPU、ヒープメモリなどの各種リソース情報をグラフ化し、アプリケーション状態の履歴や共有情報として活用できます。レポートの内容はテンプレート化することで、定期的なレポート自動出力および確認が可能です。

アプリケーション情報は分かりやすくレポート化

※クリックして拡大

<特長3>システムに影響を与えない設計

リアルタイム監視でもシステムに影響を与えない製品設計思想

JENNIFERは実用性にこだわり、軽量化設計されています。アプリケーションサーバにインストールするJENNIFERエージェントは、システムに影響が無いよう、CPU使用率3%、メモリ使用量40MB程度で稼働します。

JENNIFERシステム構成イメージ

Webシステム運用時の監視をさらに強化

国内トップシェアの運用管理ツール、JP1との組み合わせ

スマートデバイスが普及し、ECサイトや会社のスケジューラなどのWebシステムへいつでもどこからでもアクセスできるようになりました。しかし、システムへのアクセスが集中しているときにレスポンスが遅延すると、多くの利用者に影響を与え、機会損失/損害を招く可能性があります。1秒たりとも遅延が許されないWebシステムは、統合システム運用管理ツールで国内トップシェアを誇る「JP1」とJENNIFERを組み合わせることで、運用監視をさらに強化できます。

JP1は、あらゆるサーバの死活やリソース、プロセスを監視/可視化します。そこに、JENNIFERが検知したアプリケーションに関するアラートを自動連携し、JP1で監視している項目とまとめて管理することで、統合的な監視を強化します。また、メールやパトランプによるアラート通知で、Webシステムに関わるサーバの異常をいち早く発見し、利用者に影響が出る前に対処できます。JENNIFER単体では、アプリケーションサーバに特化した監視を行いますが、運用管理ツールJP1と連携することで、システム全体の運用強化を実現します。

Webシステム開発時の品質をさらに向上

国内外で多数の実績を持つ負荷テストツール、HPE LoadRunnerとの組み合わせ

業務システム改修やECサイトリニューアル時のテストにおいて、単体ユーザでのレスポンスは問題が無くても、運用を開始するとアクセスが集中してレスポンスが悪化、最悪の場合システム停止を引き起こす可能性があります。Webシステムは、必ず実稼働を想定した負荷テストを実施し、アプリケーション処理やリソースのチューニングを行って、最適な状態でリリースすることが重要です。
リリース前の品質は、国内外で多数の実績を持つ負荷テストツール「HPE LoadRunner」とJENNIFERを組み合わせることで、さらに向上できます。HPE LoadRunnerは、負荷テスト用のスクリプト作成からテスト実行/結果分析を行い、JENNIFERはテスト実行時のアプリケーション処理を可視化します。テストした結果、品質基準に満たないアプリケーションやSQLを改修することで、リリース前の品質を向上できます。運用開始後も継続的に監視することで、予期せぬ問題の回避や、迅速な原因特定が可能です。監視した情報はWebブラウザで可視化されるので、運用/開発チーム間でシステムの性能を共有でき、問題解決に向けた円滑なコミュニケーションを実現します。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る