TOP>製品/サービス>課題から探す>超Excel分析ツールの活用

超Excel分析ツールの活用

データ分析環境を見直してみませんか?

Excelを活用した分析は多くの企業で実践されています。しかし、手軽に始められる反面、次のような課題を抱えていないでしょうか?

Excel分析の課題

  • Excelを駆使したデータ加工、集計、分析に膨大な時間をかけている
  • Excelはデータ加工が容易なため、データが正しいかどうかを判断できない
  • Excelで扱えるデータ量やレスポンスに限界があり、満足な分析ができない

現場のユーザがExcelを選ぶ理由

データ分析/活用のためにBIツールを導入している企業は多く、IT部門がユーザの業務に必要なレポートをBIツールで公開することは当たり前の光景になりつつあります。

BIツールによってデータが公開されると、現場のユーザは刺激を受け、いろいろな切り口でデータを分析したくなります。そこでユーザは、IT部門に見たいレポートをリクエストしますが、レポートが出てくるのは数週間後です。あるいは、イメージとは異なるレポートが提供されたりと、ユーザの期待値を下回ることが少なくありません。そのような現実に直面すると、ユーザは使い慣れたExcelを駆使して自分でレポートを作ったほうが早い、という考えを持ち始めます。

現場のユーザがExcelを選ぶ理由

データ分析/活用におけるExcelの限界

ある調査によると、ビジネス・パーソンがExcel等のスプレッドシートで作成するレポートや資料には20%~40%の確率で何らかの誤りが含まれているといいます。重要な意思決定をおこなうレポートに誤りがあると、企業にとって大きな損失になりかねません。

また、集計レポートからドリルダウンし、明細レベルでのデータ分析を実施する場合、数百万件、数千万件のデータを扱う必要がありますが、Excelでボリュームの大きなデータを分析するには膨大な手間がかかることがあり、生産性の低下につながるケースもみられます。

データ分析/活用におけるExcelの限界

超Excelと呼ばれるツールの魅力とは

このような背景から、Excelのように直感的に使いやすく、かつ、BIツールが得意としてきた大量で多様なデータソースを高速に処理できる超Excelと呼ばれるツールに注目が集まっています。

データ加工、集計、分析時間の大幅な削減のみならず、扱えるデータボリュームやデータソースの種類も飛躍的に増え、ビジュアライズ機能も充実しているため、ユーザにとって理想的なデータ分析環境が整います。データ分析をアクションにつなげるためにも、この機会に超Excelツールに着目してみてはいかがでしょうか?

超Excelと呼ばれるツールの魅力とは

関連製品/サービス

QlikView

QlikViewは、大量データを簡単な操作で自由に分析できるインメモリBIツールです。従来のBIとまったく異なる革新的な分析ツールとして、世界中で注目を集めています。

  • 大量のデータから問題解決の糸口を見つける「発見型BI」
  • 独自の連想技術であらゆるデータを自由に分析
  • 今すぐ使えるフリーバージョンもダウンロード可能

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る