TOP>製品/サービス>課題から探す>セルフサービスBIの導入

セルフサービスBIの導入

セルフサービスBIとは

業務部門主導で自由に分析できるBI

IT部門やITベンダーが構築したレポーティング機能により社内データは見える化され、業務部門はレポートやグラフを見て日々のビジネスサマリを把握できるようになりました。

では、業務部門のエンドユーザがレポートから問題の兆候を発見した時、その問題を素早く掘り下げられていますか?いま、誰でも自由に分析できる「セルフサービスBI」が注目されています。

セルフサービスBIの魅力

業務部門のエンドユーザは、明細データをさまざまな軸から探索したいという漠然としたニーズをもっています。しかし、エンドユーザ自身もはっきりとした探索のパスを描けていないことがほとんどで、IT部門と業務部門が要件を妥結させてスタートするか、膨大なデータ項目からエンドユーザ自身がまるでシステム開発のような複雑なレポートを作成するしかありませんでした。

「セルフサービスBI」なら、エンドユーザが直感的な操作で瞬時に見たいデータにたどりつくことができると同時に、次から次へと連想的に探索を繰り返すことができるようになります。すると、漠然としたニーズが徐々に具体的な課題発見のプロセスに変化していくため、現場が抱える課題に対し、データを基にした試行錯誤のアプローチが可能になるのです。

一般的なBI

一般的なBI

セルフサービスBI

セルフサービスBI

Qlik Senseで実現するセルフサービスBI

ビジネスユーザがシンプルに質問を投げかけられる、Qlik Senseはそのようなコンセプトで設計されており、「セルフサービスBI」の実現に適したツールと言えます。「セルフサービスBI」では、業務部門のエンドユーザが分析結果を直接アクションにつなげられるかどうかがキーになります。Qlik Senseなら、次に示す3つのテクノロジーで、「セルフサービスBI」の成功を強力に推進します。

1. 明細レベルで素早くデータを探索できること

集計されたレポートからは問題の兆候はつかめますが、ピンポイントで問題を特定することは困難です。集計値から1件の明細データにまで素早くダイレクトにアクセスできれば、問題特定までの時間は飛躍的に短くなります。

素早いデータ検索

2. あらゆる軸からデータを探索できること

問題を特定するためには、いくつかの仮説を立て、データをさまざまな軸から眺める必要があります。地域、四半期、商品、顧客といった基本的な分析軸はもちろん、時には1件の売上明細データに関連するすべてのデータを眺めて分析することも極めて重要なアプローチ方法です。

自由な切り口

3. 示唆が提供されること

想定したシナリオでデータを探索している時に、意外な事実が発見できます。例えば、ある商品の購買顧客を絞り込んでいる時に、その商品を購買していない顧客の年齢層や地域、顧客属性などが関連して表示されると、エンドユーザは想定した結果と想定外の示唆の両方を同時に手に入れることができるのです。

新しい発見

関連製品/サービス

Qlik Sense

Qlik Senseは、大量データを簡単な操作で可視化し、分析できるインメモリBIツールです。現場のエンドユーザ主導で分析アプリケーションを作成できる、セルフサービス型のデータ分析プラットフォームです。

  • 現場のエンドユーザ向け可視化プラットフォーム
  • 連想技術をユーザの直観に結びつけて分析
  • 今すぐ使えるフリーバージョンもダウンロード可能

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る