TOP>製品/サービス>課題から探す>申込や申請時に多い不備を削減し、受付業務を効率化したい

申込や申請時に多い不備を削減し、受付業務を効率化したい

申込や申請時に多い不備を削減し、受付業務を効率化したい

申込申請・受付業務の自動化を図るも結局人手に頼る現実

昨今、何らかの製品やサービスの購入や申し込みを受け付ける一連の業務において、デジタル化が進んでいます。日本の印鑑文化の名残なのか、依然として紙の書類が必要なケースもありますが、高精度な読み取りが可能なAI-OCRの登場もデジタル化推進の原動力となっています。紙の回付による業務フローではなく、申請情報をデジタルデータとして扱うことで、申込申請・受付業務の効率を高める余地が格段に広がったと言えるでしょう。

申込申請・受付業務の効率化といってまず思い浮かべるのは、従来人手でやっていた作業を自動化することであり、定型化しているPC操作を自動化できるRPAツールを導入する企業が近年急速に増加しています。これにより一定の成果を上げている事例も見受けられますが、一般的には申込申請・受付業務全体のごく一部が効率化されただけに留まり、タスクとタスクの間に存在するチェック業務を人手でカバーせざるを得ないというケースが多いようです。しかし本当に、これ以上の効率化は望めないのでしょうか。

デジタルデータで広がる申込申請・受付業務自動化の可能性

申請を受け付けて内容を確認・チェックし、最終的に申請管理システムに登録する業務は、社外または社内からを問わず、どの企業においても存在します。この業務フローは、「受付」、「データ化」、「データフォーマット変換」、「申請不備チェック」、および「登録作業」に細分化されます。申込情報がデータ情報となり、データの整形、内容のチェックを経て申請管理システムに登録されるのが一般的です。

申込申請受付業務

申込申請・受付業務のうち、AI-OCRやRPAツールを用いて、情報のデジタル化や画面からのシステム登録部分は既に自動化を進めていることでしょう。しかしその他のタスクはいかがでしょうか。例えば申込データをシステムが扱いやすいように加工する業務や、申請内容の不備をチェックして問題点を洗い出す業務は自動化を諦めて、結局人海戦術でやっているのが現状ではないでしょうか。

例えば、申請書は申込みを行う人間が分かり易いフォーマットで作成されていますが、申請管理システム側ではシステムが扱い易いフォーマットに変換する必要があります。また、申請内容の不備チェックや内容を精査する業務は、一定のルールに基づく判断が必要です。しかし、これらのルールはチェック業務に熟知した社員が作成しても、実際の作業は、派遣社員や契約社員など非プロパー社員が行っているケースも多く、作業者の頻繁な入れ替わりによるOJTの実施も企業側の大きな負担になっています。

せっかくデシタル化した情報と、判断やチェックのルールがあるのですから、これを活かして申込申請・受付業務全般にわたるシームレスな自動化を検討しませんか?

それを実現するのが、エンタープライズRPA AEDAN(エイダン)です。
AEDANは複数の技術要素を組み合わせており、その中核となるのが推論型AI Progress Corticonです。Progress Corticonは、ひとの知識やノウハウをベースに、判断基準を明確なルールとして見える化し、判断業務の自動化を実現します。また、DataSpider ServistaがProgress Corticonと連携して、システム側でデータ処理できるようにデータの整形や加工を行います。

AEDAN図版

シームレスな申込申請・受付業務の自動化で得られる工数とコストの削減

AEDANで申込申請・受付業務を自動化すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

①一連の業務フロー全体を自動化して工数を削減
従来、自動化できた一部の作業の間には、必ずひとによる確認が存在していました。しかし、AEDANで自動化した業務では、「受付」から「登録作業」まで、人間を介さずに完了することも可能です。実際にAEDANを採用している企業では、従来と比較して三分の一から四分の一に工数を減らした事例があります。

②ベテランのチェックノウハウをルールとして可視化
現状、申請内容のチェックは、ルールを作成し、それに基づいて作業者が行っているケースもあれば、ベテランの方が長年の蓄積で得たノウハウに基づいて芸術的な判断を行っているケースもあります。しかし、後者の場合、今後継続的に同じレベルの判断ができるとは限りません。ベテランが現業を行っているうちに、そのノウハウを可視化して、引き継いでいくことが可能です。
AEDANであれば、ベテランのチェックノウハウに基づいたチェックを自動化でき、さらに今後チェック内容が変更になっても、容易にルールを修正することが可能になります。

③コストの削減と同時にビジネスを高度化
チェック作業の自動化により、人的コストの削減を計れます。また従来チェック作業を行っていた人材を、コア業務にシフトすることにより、ビジネスの高度化やモチベーションアップも期待できます。既存の業務フローを変更することは、現場の抵抗も少なくはありません。現業を行いながらの業務整理や構築は現場の大きな負荷を伴いますが、成し遂げた暁には、大幅な業務効率化も夢ではありません。

業務自動化プロジェクトを成功させるためには、ツールの得意・不得意分野と自動化対象業務を検討・設計時より意識して取り組むことがポイントです。
データを取り扱うタスクの自動化を検討する際、データに対するひとの行動を4段階に分類・分析することが、
業務効率化と属人性の排除に繋がる最適解へと導くためには必要となります。

業務自動化の最適解を導出する4段階分類法とは?




関連製品/サービス

Progress Corticon

人工知能(AI)研究から派生した、ひと(エキスパート)の知能を擬似的に実現させるシステムです。

  • 100%コーディングレス
  • 1クリックでルールの論理性を自動検証
  • DeTIアルゴリズムによる優れたパフォーマンス

詳細へ

AEDAN

推論型AIを中核に据えた、業務自動化のためのフレームワークとソリューションです。

  • 業務の自動化に即活用できるビジネスプラットフォーム
  • 業務の見直し無しに即時に適合
  • 企業のデジタルトランスフォーメーションを強力に後押し

詳細へ

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る