TOP>製品/サービス>課題から探す>料金誤請求リスクの撲滅

料金誤請求リスクの撲滅

「サービスの多様化」と「業務の正確性」を 両立!

AEDAN for 誤請求防止ソリューションは、料金の請求金額検証を自動化することで顧客ロイヤリティを高め、競合他社に対する競争力の向上を実現します。

  • 料金検証完全機械化

    料金検証完全機械化
  • 新規サービス即時対応

    新規サービス即時対応
  • 既存システムからの独立性

    既存システムからの独立性

顧客の信頼を裏切らないサービス、料金誤請求の根絶を目指して

料金の“誤請求”この言葉がニュースを飾る件数はこれまでも幾度となくありました。例えば検索エンジンで「誤請求」と検索すれば、企業のお詫びページが連続して表示されることを目のあたりにすることでしょう。
ひとたび誤請求が発生すれば、お詫びや返金にかかる費用、工数は決して無視できるものではありません。なぜ“誤請求”はなくならないのでしょうか?多様化する顧客ニーズに合わせてサービスラインナップを増加したり、拡充したものの、料金計算のロジックがシステム側に正しく反映できていないことが一つの原因です。あらゆるケースに対応できていると信じていても、想定外のケースやミスがあるのではないでしょうか。

<< 過去の料金誤請求に関する公開事例 >>

過去の料金誤請求に関する公開事例

既存の仕組みに手を加えず、独立した検証専用ソリューションで料金誤請求を防止!

市場の変化や顧客ニーズに対応すべく、新たな料金プランやサービスを投入する際、課題となるのが正確かつ迅速な料金検証の仕組みをシステムに反映することです。各社の基幹システムは肥大化しており、単純なチェックロジックを組み込むだけでも高額の改修費用が発生します。一方で、膨大な明細データを人手でチェックすることには限界があり、人的ミスのリスクを回避できません。
AEDAN for 誤請求防止ソリューションは、請求データを入力に適切なチェックルールに基づいて料金請求チェックを実施し、料金の正確な請求金額算定を自動化する仕組みを提供します。既存システムには大きく手を加えず、チェックルールの変化にも柔軟に対応できます。誤請求をなくしつつ、また新たな料金体系にも迅速に対応できる仕組みを提供することで、顧客ロイヤリティを高め、他社に負けないビジネスを逐行することを可能にします。

<< AEDAN for 誤請求防止ソリューション事例:A社様 >>

AEDAN for 誤請求防止ソリューション事例

契約管理システムからEAIツール DataSpiderで抽出した料金請求明細データをもとに、ルールエンジン
Progress Corticon
に定義したお客様のビジネス規約により、料金請求金額をチェック、判定。
既存システムと並存しながらこれまでの改修コスト、業務改善の課題を解決します。

連携イメージ

関連製品/サービス

Progress Corticon

人工知能(AI)研究から派生した、ひと(エキスパート)の知能を擬似的に実現させるシステムです。

  • 100%コーディングレス
  • 1クリックでルールの論理性を自動検証
  • DeTIアルゴリズムによる優れたパフォーマンス

詳細へ

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る