TOP>製品/サービス>課題から探す>バッチ処理の高速化

バッチ処理の高速化

重いバッチ処理の問題

  • バッチ処理に時間がかかり、業務時間の開始に間に合わない
  • データ量の増加に伴い、バッチ処理時間が長期化してきている
  • DB内で実装したバッチ処理の負荷が高く、他の処理に影響が出ている
  • ホストマイグレーションを計画しており、処理性能維持は必須要件
  • Hadoopを検討しているが、開発/運用のノウハウがなく不安

高速アルゴリズムで、バッチ処理時間を大幅に短縮できます

バッチ処理の高速化に、DMExpressをご提案します。

独自の高速アルゴリズムを用いて、バッチ処理時間を大幅に短縮できます。DBにかかる負荷はデータの抽出、書き出し時のみのため、他の処理への影響は最小限になります。GUIを用いた開発は生産性が高く、誰でも高性能な処理を簡単に開発することが可能です。

DMExpress

活用事例

エーザイ株式会社

バッチ処理高速化で、ビジネスニーズによって増加一途のデータ量にも安定して処理可能な環境を実現。

小島プレス工業株式会社

バッチ処理プログラムのオープン移行で生じたパフォーマンスと開発生産性問題。導入前に比べ、処理性能は6倍以上、開発生産性は5倍以上に!

関連製品/サービス

Syncsort DMExpress

Syncsort DMExpressは、高性能なデータ統合(ETL)処理、バッチ処理を簡単に開発できる「最も賢い超高速ETLツール」です。他のETLツールにはない独自の自動チューニング機構「スマートETLオプティマイザ」が、効率性・高速性・信頼性を備えた高品質・高性能の処理を誰でも簡単に開発することを可能にします。

  • 高速バッチ処理をチューニングレスで実現
  • 高度なスキルセット不要!GUIで簡単開発
  • ミッションクリティカルなシステムでも安心の実績

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る