TOP>製品/サービス>課題から探す>CA Fast Unload for Distributed Databases(FUO)の代替・移行手法

CA Fast Unload for Distributed Databases(FUO)の代替・移行手法

FUOの製品終了と利用システムの課題

CA Fast Unload for Distributed Databases(略称:FUO)は、開発元の方針に基づいて製品終了となり、特別延長サポートプログラムも2017年5月をもって終了となります。

FUOを利用したシステムにおいては、問題発生時のリスクや、今後のシステム刷新への対応にお困りのユーザ様も多いのではないでしょうか。

<対応が求められる課題>
  ・FUOで障害や問題が発生した場合にメーカー対応を受けられない。
  ・新しいOSやOracle環境への対応ができない。
  ・保守サービスのない製品を利用し続けることへの統制上のリスクが拡大する。

FUOの代替となるアンロード手法とは

FUOが利用されるファイルI/Fによるシステム連携方式においては、Oracle Databaseからファイルへのアンロード処理に対して高い性能が要求されます。

FUOを代替する仕組みを検討する場合、標準的な手法として以下が考えられます。

<標準的な手法>
  ・SPOOL、PL/SQLによる実装
  ・C++、Java等のプログラム言語とSQL抽出による実装

しかし、大量データのアンロード処理を想定した場合、パフォーマンスなどの性能はクリティカルな問題へと発展してしまう懸念が残ります。

Syncsort DMExpressで代替・移行

FUOとはアーキテクチャも構成も異なる、高速ETLツール「Syncsort DMExpress」を代替手法として利用することで、FUO処理代替によるサービスレベルへの悪影響を最小限に抑えることができます。

FUOのOracleアンロード部分をSyncsort DMExpressで代替することで、高速にアンロードする処理をGUIで開発可能です。(※テキスト開発も可能です。)

アシストでは、これまでにFUOの代替としてSyncsort DMExpressをご採用頂いた数多くのプロジェクトをご支援させていただいております。

FUOのシステム構成とDMExpressのシステム構成


FUO代替処理の開発コストを低減

Syncsort DMExpressの新機能「Data Funnel」により、対象となる複数のOracleテーブルからのアンロード処理をテキスト定義(DTL)として自動生成し、一括アンロードすることが可能になりました。FUO代替処理開発時に課題となる開発工数の削減をさらに促進します。

※DTLとは

テキストベースのコーディングで、DMExpressのすべての処理機能を実装できる機能です。
DTLで記述された処理定義は、GUIにインポートして変更することも可能です。
開発した定義(ジョブおよびタスク定義)は、コマンド実行します。

DMExpressのDTLについて

FUO製品終了に伴う代替手法をサポートいたします

DMExpress総合検証プログラム(無料)

FUOの代替手法として性能要件を満たせるかどうか、お客様の環境で検証いただけるプログラムです。

検証に必要となるSyncsort DMExpressの正規ライセンスを1ヶ月間無料でご提供し、検証期間は、Syncsort DMExpressの技術者をアサインし、サンプル処理の作成や性能測定などの検証を総合的に支援させていただきます。

関連製品/サービス

Syncsort DMExpress

Syncsort DMExpressは、高性能なデータ統合(ETL)処理、バッチ処理を簡単に開発できる「最も賢い超高速ETLツール」です。他のETLツールにはない独自の自動チューニング機構「スマートETLオプティマイザ」が、効率性・高速性・信頼性を備えた高品質・高性能の処理を誰でも簡単に開発することを可能にします。

  • 高速バッチ処理をチューニングレスで実現
  • 高度なスキルセット不要!GUIで簡単開発
  • ミッションクリティカルなシステムでも安心の実績

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る