TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ディシジョンオートメーション>AEDAN>Enterprise RPA

AEDAN

推論型AIを中核に据えた、業務自動化のためのフレームワークとソリューションです。

エンタープライズRPAとは


エンタープライズRPAとは、

定型・反復型で単純なPC作業の自動化のみならず、組織の隅々まで行き渡る業務上の高度なディシジョンをもAI技術で自動化してゆくこと。

このように、私たちは定義しています。


現在多くの企業でRPAの取り組みが加速しています。
その取り掛かりとして、RPAツールを活用したPC上の単純タスクの自動化事例が増えてきましたが、まだまだ組織には業務高度化の余地が多く残されています。

RDAとエンタープライズRPAの違い

ITを利用するユーザ部門がRPAを耳にしたとき、増加の一途をたどる単調タスクを効率化する夢のような仕組みと印象を持たれた方が多いかもしれません。これは、従来のシステム開発を伴うIT化とRPAを比較した場合、自らPC操作を記録するだけでいとも簡単に目の前の非効率な作業が自動化されるからです。

しかし、それは単純なPC操作に限定された話で、この部分のみ効率化が実現できたとしても、結局個の労働者のごくわずかな遊休時間が増えたに過ぎず、労働者の働き方や組織に及ぼす影響は非常に小さいものだと言わざるを得ません。

なぜならば、一つの業務は単一タスクの完了を以て終了するものではなく、いくつものプロセスや人の手を経て完結するもので、効率化がなされた領域はごく一部に過ぎないからです。ロボティック・デスクトップ・オートメーション(RDA)が実現するものは、プロセスの自動化ではなく局所的な「改善」です。

例えばダウンロードされた複数のデータは、その後職員や組織の明確なルールに基づく意思決定(ディシジョン)により加工、突合、条件分岐、チェックなどを経て、再度システムにアップロードされています。

RDAとエンタープライズRPAの違い

エンタープライズRPAとは?

これに対し、エンタープライズRPAは日々遂行されるディシジョンをAIで置き換え、プロセス全体を自動化することを目的としています。

特に推論型AI は、フォームやデータベースを介して標準化されたデータに対し、人と同じように情報を処理するAIで、そのディシジョンをリポジトリで共有、再利用する仕組みです。
オフィス業務に於いて、ディシジョンは全体の75%を占めると言われており、ディシジョンをAIで置き換えることにより企業のデジタルシフトは急激に加速するのです。

エンタープライズRPAとは

このエンタープライズRPAアプローチは組織にコスト戦略と価値戦略の同時進行をもたらし、人が主体的に創造プロセスと定性的判断業務に向かえることを可能にするのです。

エンタープライズRPAの効果

エンタープライズRPAにより、情報の媒介業務(収集、整形、チェック、突合、入力等)は機械によって代用され、人より解放されてゆきます。

例えばバックオフィスの日常業務を例にとってみても、無数のデータ媒介タスクが日々発生しています。

経理でEBデータをダウンロードし、債権管理システムとのデータ突合用リストを作成し消し込む。
未回収を受けた事業部門では、その評価のため管理台帳と請求書などを突合し、誤請求の有無を確認する。
人事では複数オンラインサイトより応募者情報をダウンロードし、応募者の重複排除とそのステータスを管理し、ネクストアクションを確定する。

このような「物理的なモノ」に対するディシジョンではなく、「デジタルデータ」に対するディシジョンをエンタープライズRPAで置き換えてゆきます。
エンタープライズRPAは、ディシジョンをいかにAIで迅速に自動化するかがキーとなり、AIはAEDANソリューションに包括されています。

エンタープライズRPAの効果

エンタープライズRPAへの取り組みにより、今後の業務環境にも変革の波が押し寄せると考えられます。これに伴い企業や組織より淘汰される職種が出現されることは免れず、業務や組織の再設計が加速することで新たな職種が誕生し、人が本来能力を発揮すべき事業価値の創出に繋げられること。これがエンタープライズRPAの最終的な価値なのです。

お気軽にお問い合わせください


ディシジョンオートメーションの関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る