TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ファイル転送>HULFT>価格

HULFT

HULFT(ハルフト)はファイル連携、データ連携ツールです。企業の情報システム内に混在するWindows、Linux、UNIXのほか、AWSやAzureなどのクラウド上のシステムで生成されるログデータやCSVファイルなどのあらゆるデータを、ファイル単位で安全、確実に転送します。


本ページでは、HULFT製品の価格に関する情報を掲載しています。
下記リンクより必要な情報をご覧ください。


1. 価格を知りたい

HULFT8のライセンス価格と年間技術サポート価格は下記をご確認ください。

製品名称 ライセンス価格(税別) 年間技術サポート価格(税別)
HULFT8 for Windows Server ¥400,000 ¥60,000~
HULFT8 for Windows Client ¥138,000 ¥21,000~
HULFT8 for Linux Enterprise ¥650,000 ¥98,000~
HULFT8 for Linux Standard ¥300,000 ¥45,000~
HULFT8 for UNIX Enterprise ¥1,950,000 ¥293,000~
HULFT8 for UNIX Standard ¥1,000,000 ¥150,000~

上記に記載のないプラットフォームやオプション機能などの価格については、価格表 をご確認ください。クラスタ構成の場合は製品名称のServer版またはEnterprise版が前提となり、1ノード目は通常ライセンスと同価格、2ノード目以降は通常価格の50%オフになります。

年間技術サポート価格

  • 年間技術サポート価格はライセンス定価の約15%です。
  • 3年、5年の複数年保守とすることでディスカウントがあります。
  • 通常の年間技術サポートサービスと24時間サポートサービスがあります。

詳細については、価格表 をご覧いただくかお問い合わせ ください。


2. 価格算出に必要な情報を知りたい

HULFT8のライセンス価格を算出するには、まずグレードを確認します。グレードとは、一般的なソフトウェアでいうところのエディションです。エディションには「標準グレード」と「拡張グレード」があり、それにより搭載される機能が異なります。本項では、価格を算出するための要素をご紹介します。


HULFT8の価格を算出するための5つの要素

HULFT8の価格を算出するための5つの要素


​グレードについて

HULFT8のグレードは、標準グレードと拡張グレードの2つです。購入するライセンスがどちらのグレードか確認する際は、下記のグレード確認のステップをご覧ください。

【標準グレード(Client/Standard)】
ファイル転送ソフトウェアとしての基本機能を搭載。Windows OSの標準グレードはClient、Linux・UNIX OSの標準グレードはStandardになります。

【拡張グレード(Server/Enterprise)】
標準グレードに加えて、スケジューラやファイルトリガ、ネットワークファイル 対応などの拡張機能を搭載。Windows OSの拡張グレードはServer、Linux・UNIX OSの拡張グレードはEnterpriseになります。


グレード確認のステップ

【標準グレードの機能と拡張グレードの機能概要】

標準機能と拡張機能の概要

【HULFT8 対応OSの確認】
HULFT8の対応OSは、こちら から検索してご確認ください。

【クラスタ構成時のライセンス】
HULFT8をクラスタ環境(2ノード以上)で使用する際は、CL LicenseまたはCL Add Licenseというライセンスが必要となります。CL Licenseは1ノード目用のライセンス、CL Add Licenseはの2ノード目以降用のライセンスです。

ライセンス価格については、価格表 をご覧いただくかお問い合わせ ください。


オプション機能について

各オプション機能についてご説明します。

Cipher Option(暗号化オプション)

● 集信/配信ともに暗号化オプションがライセンスに追加されていることが 前提の機能です。

HULFTには標準機能としてHULFT暗号と呼ばれる暗号機能が備わっていま すが、より高強度のAES暗号、C4S暗号をオプション機能として選択できます。

Cipher Option(暗号化オプション)

Cloud Storage Option(クラウドストレージオプション)

● こちらのオプションを利用するには、拡張グレードライセンスが前提となります。

HULFTでは集信ファイルをローカルディスク上やネットワーク上のフォル ダに出力することが可能ですが、本オプションを利用することでクラウド ストレージに対しても出力することができるようになります。

【 対応するクラウドストレージ 】
Amazon S3
Azure Blob Storage
Google Cloud Storage
※各クラウドストレージごとのオプション契約となります。

Cloud Storage Option(クラウドストレージオプション)

オプション機能の価格については、価格表 をご覧いただくかお問い合わせ ください。


使用形態について

HULFTの使用形態は、「1.自社使用」「2.グループ企業使用」「3.サービス使用」の3つがあり、いずれか1つの使用形態でご使用いただけます。

「2.グループ企業使用」「3.サービス使用」については、事前の申請/承認が必要となり、使用形態によって標準価格と異なる場合があります。

1.自社使用

お客様の社内業務遂行目的のみで、HULFTをご使用いただく場合。

2.グループ企業使用

お客様とお客様のグループ企業様が、1つのライセンスで1台のHULFT環境を共同でご使用いただく場合。

なお、グループ企業とは以下のいずれかを指します。
1)お客様の連結子会社
2)お客様を連結子会社とする親会社およびその連結子会社

3.サービス使用

お客様がHULFTを使用し、お客様の顧客にファイル転送サービス提供目的でご使用いただく場合。

なお、サービス使用は、「有償」「無償」または「サービス提供の形式」に限らず、外部企業へファイル転送をサービスとして提供する場合に適用されます。

各使用形態に関する詳細条件、どの使用形態に該当するか等はお問い合わせ ください。


3. 価格算出例を知りたい

算出例1

Windows Server2台にHULFT8を導入して利用する場合

【 確認事項 】

1. OSは?
HULFT導入環境となるOSは、Windows Server 2019

2. クラスタ構成の有無は?
無、クラスタ構成を利用しない

3. 拡張機能の有無は?
有、拡張機能を利用する

4.オプション機能の有無は?
無、オプション機能は利用しない

5. 使用形態は?
自社使用に該当

WindowsのサーバーOSに導入するため、
製品名称は拡張グレードの「HULFT8 for Windows Server」で確定。

製品名称 ライセンス数 ライセンス価格 1年分の技術サポート価格
HULFT8 for Windows Server 2ライセンス 400,000 × 2ライセンス = 800,000 60,000 × 2ライセンス = 120,000
合計金額 ¥920,000


算出例2

Linux1台にHULFT8を導入し、AES暗号形式でやり取りする場合

【 確認事項 】

1. OSは?
HULFT導入環境となるOSは、RHEL 8

2. クラスタ構成の有無は?
無、クラスタ構成を利用しない

3. 拡張機能の有無は?
有、Cipher Option(AES)を利用

4. オプション機能の有無は?
有、Cipher Option(AES)を利用

5. 使用形態は?
自社使用に該当

UNIX系のサーバーOSに導入し、
拡張機能は利用しないため標準グレードの「HULFT8 for Linux Standard」で確定。
別途、オプション「HULFT8 Cipher Option(AES) for Linux」が必要。

製品名称 ライセンス数 ライセンス価格 1年分の技術サポート価格
HULFT8 for Linux Standard 1ライセンス ¥300,000 ¥45,000
HULFT8 Cipher Option(AES) for Linux 1ライセンス ¥200,000 ¥30,000
合計金額 ¥575,000

4. 価格を問い合わせる

価格を含め、HULFT製品全般のお問合せを受け付けています。
お見積りが必要な際は、下記フォーム内「HULFTのお見積りを希望されますか?」という項目で「はい」をご選択ください。

HULFT お問い合わせについて

ファイル転送の関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る