TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>Internet of Knowledge>Glean>よくあるご質問

Glean

Gleanは、企業向けのインサイトエンジンです。Gleanの検索窓から、Microsoft 365、Box、Google Workspace、Slack、Salesforceなどを横断検索して、瞬時に知りたい情報を探し出すことができる、エンタープライズレベルで生成AIを最大限に活用できるAIプラットフォームです。

Gleanについて、お客様からよく寄せられるご質問とその答えを公開しています。
PoCやライセンス・価格についてのFAQもご案内していますので、お問い合わせの前にご参照ください。


販売・サポート

Gleanを日本国内で販売しているのはアシストのみですか?
アシストでは、2023年5月に国内で初めてGleanでの販売を開始 しています。日本でのGleanの販売代理店は2023年11月時点でアシストのみとなっております。
Gleanは日本語で利用できますか?
日本語でご利用いただけます。
Gleanのサポートは日本語で提供されていますか?
アシストのサポートセンターがGleanのプロダクトサポートをご提供しており、日本語でのお問い合わせに対応しております。
日本国内での導入実績を教えてください。
日本国内では、既に数社の企業に導入されています。アシストでは全社員1,300名がGleanを利用 しています。

トライアル・PoC

無料で使えるトライアルやフリーミアムの提供はありますか?
Gleanの無料トライアル(試使用や評価版、フリーミアム)のご提供はございません。
GleanをPoCで検証できますか?
現在多くの企業でPoCが進んでいます。PoCの実施にあたっては、アシストからヒアリングさせていただいた後にプランを作成し、プラン合意後にスタートとなります。
PoCは無償でできますか?
PoCは有償となります。
PoCの条件はありますか?
1,001名以上でのご利用を検討されていてPoCのご希望がある場合、プラン合意後に実施が可能です。年間サブスクリプションライセンスを基本とした有償でのPoCとなり、ご利用人数やデータ量、期間はプラン作成時にご相談いただけます。

ライセンス・価格

Gleanのライセンス利用料(価格)を知りたいです。
Gleanは年間サブスクリプションライセンスとなっており、標準ライセンスは3,900万円(年間)からとなります。ご利用人数に応じた料金体系となっております。
チャットが使えるAIアシスタントは、標準ライセンスに含まれていますか?
AIアシスタント はオプションでご利用いただけます。標準ライセンスでは、横断検索、Know Who、Peopleなどの機能をご提供しています。
AIアシスタントだけでの利用は可能ですか?
AIアシスタントは、標準機能にプラスしたオプションとしてご利用が可能です。
既にChatGPTを利用しているのですが、Gleanとあわせて利用が可能ですか?
GleanのAIアシスタント機能は、お客様が既に契約されている商用のLLMライセンスを使うこともできますし、Glean社が契約する商用LLMライセンスを利用することも可能です。ご利用形態によってライセンス料金が異なりますので、ご相談ください。

その他

Gleanが検索できる対象アプリケーションはどのようなものがありますか?
Microsoft 365やBoxなどのSaaSアプリケーションにつなぐネイティブコネクタを100以上用意しています。コネクタの一覧はこちら(外部サイトに移動します) を参照ください。
AIアシスタントの回答生成では、セキュリティの範囲や権限にはどのように対応していますか?
Gleanを利用するユーザー1人ひとりのアクセス権に応じて回答が生成されます。ドキュメント、フォルダ、連携先のSaaSで設定されている範囲も含めて、従業員ごとのアクセス権の範囲内に応じて取得できるデータをもとに回答を生成しますので、セキュリティやガバナンスが保たれた環境でご利用いただけます。
Gleanのセミナーやイベントはありますか?
こちらのページ からセミナー・イベント情報をご確認いただけます。展示ブースがあるイベントではデモンストレーションもご覧いただけますので、ぜひご来場ください。

Glean資料ライブラリ

資料ライブラリでは、Gleanについての資料や動画をご覧いただけます。

よりくわしい製品資料やデモンストレーション動画を公開していますので、こちらのフォームからご登録ください。


お問い合わせ

Gleanのご導入を検討されている方、アシストのご提案・ご支援サービスにご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

※お問い合わせの前に、上記のよくあるご質問をご確認ください。

Internet of Knowledgeの関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る