TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ビジネスルール管理(BRMS)>AEDAN

AEDAN

推論型AIを中核に沿えた、業務自動化のためのフレームワークとソリューションです。

AEDAN Ashisuto Enterprise Decision AutomatioNとは?

ビジネス現場の徹底的な効率化・自動化を推進するフレームワークとソリューション

AEDANとは

近年、ICT活用の目的は、ペーパーレス、省力化および低コスト化から、企業競争力強化(新たな商品・サービスの提供やビジネスモデル自体の変革など)へと、その目的や役割が大きく変化しビジネス拡大やゲームチェンジの大きな原動力になっています。

また、これまでのビジネスを大きく上回る付加価値を生み出すことなく、労働生産性を上昇させることは不可能で、ICT投資をより一層活かしながら業務生産性を高めていくことが、企業成長において不可欠です。

この実現のために、IoT・ビッグデータ・AIなどのテクノロジーは様々な分野での利活用が期待されていますが、そのためにはまずビジネス現場の徹底的な効率化、自動化の推進が必要です。
まずは身近なアナログ業務をデジタル化することがデジタルトランスフォーメーションの第一歩となり、これを実現するためのフレームワークとソリューションが「AEDAN(エイダン)」です。

ビジネスの真の生産性を高めるフレームワークとソリューション

なぜAIやRPAプロジェクトが失敗するのか?

なぜAIやRPAプロジェクトが失敗するのか

BigData、AI時代に企業が注力すべきことは、ビジネスの真の生産性を高めることです。これは、AIなどを活用し、機械が人に代わってできる仕事は機械に任せ、企画や設計、運用に注力し、効率化を図ることです。

しかし、現在のAI、RPAなどの要素技術だけでは人の代わりにはなり得ず、業務全体の一部分を代行するにすぎません。

例えば、AI(機械学習)は物事の確率を導き出しますが、決定はしません。RPAツールはデスクップ上のハンド事務を自動化しますが、その有効領域はシステムを跨いだデータ入力、収集など単一タスクに限られています。

プロセス全体をフロー化

すなわち、 AIやRPAで解決できるのは業務プロセス全体の一部分に過ぎず、ビジネスに大きな影響を及ぼす意思決定や判断(以下、ディシジョン)までを包括し、プロセス全体を自動化することが企業全体の生産性向上に有効です。

AEDANは、プロセス全体の可視化、自動化を推進するためのフレームワークと、業務自動化のためのソフトウェア群で構成されています。

AEDANフレームワーク

構成要素

AEDANフレームワークの活用で、「人」に依存せざるをえなかったディシジョンは可視化され、容易な再設計、再構築を可能となり、AI時代を見据えた真の生産性を高めることができます。

AEDANフレームワーク

AEDANフレームワークは、以下の3要素で構成されています。

1.Decision Requirements Diagram(DRD)
判断、意思決定の要因やプロセスの分解

米国OMG(Object Management Group)標準のDMN1.1(Decision Model and Notation) を用い、グローバルスタンダードの表記法でディシジョン要素を4分類(ディシジョン、情報入力、ルール、知識参照)し、それぞれの関わり合いを描画することで視覚的に繋がりを明らかにします。

2.Decision Logic
判断、意思決定ルールの構築

知識実行のためのルールを二次元表(ディシジョンテーブル)で整理、表現することで、視覚的にルールパターンを明らかにします

3.Predictive Analytics
判断、意思決定のための予測分析

判断、意思決定モデルを強化するためにデータから予測分析を行い、新たなトレンドやパターンを明らかにします。

AEDANフレームワークは環境変化に対し柔軟で、容易な分析と検証を実現します。

AEDANソリューション

ソリューション例

ソリューション例

AEDANは、あらゆる業種、業務の効率化に活用される、推論型AI Progress Corticonを中核に添えたビジネスを自動化するためのプラットフォームです。また、様々なシステムとの連携にて、より一層ビジネスの高付加価値化を実現することが可能です。ここではAEDANが企業にもたらす五つの価値と、具体例をご紹介します。

1. 業務プロセスとAEDANの連携


効率改善のために業務プロセスを可視化していくと、いかに多くの目に見えない判断や意思決定が毎日の業務の中に入り込んでいるかに気づくでしょう。それらは、常に属人的に処理されているために、一貫性がない、整合性がない、正確性がない、時間がかかるなどの問題を内包しています。この問題を解決しない限り、真の効率化は図れません。 AEDANなら、ディシジョン(判断、意思決定)を可視化、自動化し、ビジネスプロセスとつなぐことによって、企業の業務効率を劇的に向上させることができます。

2. リスクデータとAEDANの連携


顧客ロイヤリティの維持やソーシャルメディアによる風評被害防止、法的対応など、企業活動において特に正しい判断が必要とされる業務においては、リスクにつながる可能性のある事象を可視化して、分析し続けることが重要です。 AEDANなら、リスクのスコアリングと柔軟なリスク管理によって正しい結果を導き出し続けることで、ビジネスの歩みを緩めることなく、攻めのイノベーションへつなげていくことが可能です。

3.RPAとAEDAN の連携


労働人口が年々減少していく中で、金融、保険業を中心にロボットで業務を自動化(RPA:Robotics Process Automation)しようとする傾向が高まっています。RPAとは、従来人手で行っていた業務をAIや機械学習などを含む認知技術の活用により業務を自動化することを指し、デスクトップ上の手作業を自動化するものではありません。アシストのRPAソリューションは、手作業の自動化だけでなく、推論型AIを中核に据えたソリューションの活用により、プロセス中の人によるチェック、判断までの一連のプロセスまで自動化することで、人は本来注力すべき創造的業務へのシフトを実現します。

4. IoTとAEDANの連携


製造業やIoTの分野では、センサー、ログ、気候など、デバイスより自動収集した形式の異なる様々なデータをまず1ヵ所に集約。ビッグデータ分析による知見の導出と、その知見をビジネスや社会に活用していくことが重要です。AEDANなら、デバイスから収集した情報の保存、整備、分析、意思決定の自動化までの一連のプロセスの自動化に役立てることが可能です。

IotとAEDANの連携

5. マーケティング・オートメーションとAEDANの連携

マーケティング・オートメーションは、顧客動向をスコアリングし、スコアを元に一人一人の顧客に最適なコミュニケーションを提供することを可能にするツールです。しかし、顧客をどのように点数付けするのかという基準や、どのスコアの顧客にどんなコミュニケーションを提供するのかという判断は、今まで「人」に委ねられたアナログなものであり、非常にあいまいなものでした。 AEDANは、マーケティング成果を元にスコアリング基準やコミュニケーションプログラムの改善をリアルタイムに、かつ、デジタルにトランスフォーメーションするソリューションです。

お気軽にお問い合わせください


ビジネスルール管理(BRMS)の関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る